明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠く青い空と白いボール

昨日、勤務先の店に出勤したら同僚が長期休暇明けで5日ぶりに出勤していた。
うちの会社は年間20日の長期休暇を取得できるのだけど、まとめて20日はなかなか取れないので、数日に小分けして年に数回のミニバカンスを取る人が多いのだが、彼もその休みを取っていたのだ。

5日ぶりの彼はなんと真っ黒に日焼けして、まるで別の人みたいだった。
聞くと2泊3日で沖縄に行っていたとのこと。
梅雨真っ只中の沖縄だけど、6月の頭はずっと天気がよく、気温も30度を軽く越える毎日で、まさに一足早い真夏を満喫してきたということだった。

僕は過去に沖縄へは4度訪れたことがある。
でも自分のお金を使って行ったことは実は一度もなくて、全て仕事での訪問だった。そう考えるとなかなかいい会社にいたのだなあと今更ながら思う。

最後に彼の地を訪れて、もうすぐ10年近い年月が過ぎようとしている。
ずっと「また行きたい」と思いながら、あれこれあって果たせずにきてしまっていたのだ。

最初に沖縄の地を踏んだのはもう15年近くも昔の11月だったと思う。
11月でも沖縄はまだ夏の名残を残していて、昼間は25度以上まで気温が上がりセミも鳴いている。
といっても関東あたりでお馴染みのアブラゼミやミンミンゼミではなくて、名も知らぬまるで金属音のような声で鳴くセミだ。

初めての訪れた沖縄は那覇ではなく、恩納村周辺だったのだが、有名なリゾート地できれいな海が広がる代わりにホテル周辺には文字通り何もなく、僕は仕事の合間にブラブラと近所を散歩していた。

サンゴが果てしなく散らばる海岸を歩くのにも飽きて、陸の方へ足を向けるとすぐにサトウキビ畑が広がっていた。びっくりしたが本当にサトウキビ畑というのは「ざわわ、ざわわ」という音がするのだ。遠くの林だか山だかから例の金属音のセミの声が聞こえて来る中、「ざわわ、ざわわ」と風に身を任せて揺れている果てしないサトウキビ畑で、都会では感じることができない静けさを味わった。

ブラブラと歩くサトウキビ畑では誰一人すれ違う人もなく、歩き続けた先に住宅地が見えてきた。
あとで調べてみると万座の方まで歩いていたのだけど、その時はまったく土地勘もなく、ただ止まってしまったような時間に身を任せてゆっくりと移動していたのだ。

住宅地が視界に入ってきた頃から、とぎれとぎれに人の声が聞こえてきた。
なんだろうと思いながら歩いていると、やがて目の前に学校らしき建物が現れた。そしてその学校の前にはグランドが広がり、そこで子どもたちが少年野球をしていた。さっきから聞こえていた声は、野球をする子どもたちと、応援する親たちの声だったのだ。

その日はたぶん日曜日で、子どもたちのチームはどこか近隣のチームと練習試合をしていたらしい。
ちょうどその頃、僕も息子が地元の野球チームに入っていたので、自然と親近感を覚えてネット裏に腰を下ろして子どもたちのプレーを観戦した。

1塁側に陣取るホームチーム(だろう多分)は鮮やかな青のユニホームで、忘れてしまったがなかなかカッコいいチーム名だった気がする。対する3塁側の敵チームは、なぜだか知らないがみんなバラバラのジャージを着ていて、色も揃っていない。ユニホームじゃないのだ。

チームはないけど野球好きな男の子たちが集まって、とりあえず試合をしに来たんだ、みたいなカンジで、でもやはり日頃から練習しているホームチームのプレーには全くかなわなくて、どんどん点差が広がっていく。
でも子どもたちは一所懸命だし、どちらのチームの親たちも楽しそうに応援していて、よそ者の僕も遠い沖縄の地でとても楽しい風景に出会えたような気がしたのを覚えている。

都合4回、沖縄を訪れたのだけど、一番心に残っているのは今もあのサトウキビ畑の静けさとセミの声、そして子どもたちの野球の試合だ。あの子達ももう大人になっているのかと思うと、自分の歳を改めて感じてしまうが、もうそれだけの時間が過ぎてしまったということだ。

真っ黒に日焼けして帰ってきた同僚を見ながら、あの遠い日の11月の真っ青な空と、子どもたちが必死で追いかける白いボールがありありとまぶたによみがえってくるのを感じた。
やっぱりまた行ってみたいなあ、沖縄。

0f35e86eae1136432b98c45841461933_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンプ!

昨日はイヌのしつけについて少し触れたけど、僕が小さかった頃はイヌへのしつけというのはあまり重要視されていなかったような気がする。「お手」とか「おかわり」とかは教えていた記憶があるが、それは別にしつけではないだろう。どちらかと言うと「芸」を仕込むのに近い感覚だったような感じがする。

そんな仕込みの一つに、飼い主が投げたエサをジャンプして食べさせるという、今やってたらあちこちから非難されそうな、行儀の悪い芸を特訓していたことがある。特訓されていたのは、うちにいた黒い犬(もちろん名前はあったのですよ)だ。彼は(オスです)とても不器用で、「お手」も「おかわり」も満足にできなかった。

ちなみに特訓でのエサは今のようなドッグフードとかではなくて、僕ら子供たちがおやつに貰っていたお菓子とかそんなたぐいだ。むかしのペットは何でも食べたので(~_~;)

この「ジャンプ食い」を教えるにはやり方があって、突然投げても気前よくジャンプはしてくれない。イヌによっては本能的に飛ぶのもいそうだが、うちの黒い犬は投げられたお菓子の描く曲線に合わせて顔を動かし、落ちるのを見届けてからクンクンやって、その上でバリバリ食べた。

つまり彼にとって、それをエサと認識するのは匂いを嗅いでからであり、それまでは投げられたモノの動きを追っているのにすぎないということだ。僕はそれを利用してイヌの顔の前でお菓子を持った手を上下させ、手をあげた際にイヌの鼻先で匂いをかがせ、動いているものが自分のエサなのだと認識させてから食べさせるというのを繰り返した。
その上で、顔の上へエサを少しずつ投げてそれに食いつく練習を繰り返して、自分の目の前を動いているものに飛びついて食べるということを覚えさせていった。

こうしてようやく黒い犬もめでたくジャンプ食いができるようになったが、出来てしまうと教えている方も子供なのですぐに興味が無くなってしまう。何日かはそうやって遊んでいたがすぐに飽きてやらなくなってしまった。
せっかく芸を覚えた黒い犬としては、どうしてまたジャンプで遊んでくれないのかと、もどかしい思いをしたのではないかと思うm(__)m

ちなみにネコはこの「飛びついて食べる」というのを難なくこなす。エサでなくても猫じゃらしとかを目の前で振るだけで、けっこうな高さまで飛びついてくる。
黒い犬にジャンプ食いを仕込んでいるのと同じ時に、ネコにも煮干しとかを投げたりしたが、ネコは別に特訓しなくても普通に飛びついて食べていた。基本的な運動能力はネコの方が上なのかなあと思ったりしたものだ。

そういえばネコのジャンプ力には度肝を抜かれたことがある。
小学生の夏にセミ取りをして、捕まえたセミを最後に逃してやるのだけど、普通に逃がせばいいものを虫かごから一匹ずつ取り出して右手に握り、星飛雄馬ばりに全力投球で投げて逃すという馬鹿なことをしていた。

セミたちにとっては全くもって迷惑な話だが、それでも投げられて少し先へ行くと、ちゃんと羽を広げて思い思いの方向へ飛び去っていった。
悲劇はその何匹目だかのセミに起きた。僕が全力でセミを投げたその先に、うちのネコがフラフラと歩いていた。投げられたセミが羽を広げて飛び立とうとしたその時、ネコが反射的に高々とジャンプしてセミに食いつき、そのままバリバリと食べてしまったのだ。

僕は突然の衝撃的な出来事に、ぽかんと口を開けて見ているだけで、ネコは何事もなかったように僕を振り向きもせずに去っていった。
セ…セミを食うのか、という驚きと、食われたセミへの「ゴメンなさいっ」という思いで、しばらく僕は呆然と立ちすくんでいた。

夏の終わりの、日没が早くなってきた夕暮れ時のいまだに忘れられない記憶です。

th_a1130_000531.jpg


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

Autumn has come

気がつけば9月も2週目。
ここ何年かはずっと厳しい残暑が9月いっぱいくらいは続いていたのに、今年はすっかり「秋」の訪れを実感している。
東海や関西地方は、相変わらず30度以上の真夏日が続いているようなのでそういう実感はないのかもしれないが、関東エリアはこの1週間の最高気温はほとんどの地域で30度を下回っているし、なんといっても朝が寒い。

今日も天気は良くて日差しは強いのだが、涼しい北風が吹いていたせいもあり、とても気持ちのいい過ごしやすい一日だった。
今年は久しぶりにちゃんと「秋」が何ヶ月か続くのかもしれないなあと思いますね。
夏好きの僕としては、もうちょっと夏でいいじゃんと思うところもあるが、まあ世の中の大体の人はさっさと秋になるのを歓迎しているようだ。

秋を感じるのは昔から「朝の気温」と「空の高さ」と「虫」だ。

先述の通り9月に入ってから日に日に朝の涼しさが増している。
今朝の茅ヶ崎の気温は20度位だったと思うが、半袖の腕を撫でる風が冷たく、思わず鳥肌が立ってしまった。
これから日を追うごとに朝の涼しさが増していき、夏が遠ざかっていくのだなあと腕のぶつぶつをさすりながら思った。
目が覚めた時に自分が布団をかけているということも、夏には無いことだ。
今月は未明に何度か寒くて目が覚めて、布団をかぶって寝直したりもした。

天候不順が続いていたので、ここしばらく関東は雲が多くて青空を見る機会が少なかった。
今日は久しぶりにスッキリと晴れて強い日差しが戻り、外を歩いていた僕は首筋を日焼けまでした。
空を見上げると、明らかに8月とは空の色が違って見える。
ずっと高いところにある青色なのだ。
毎年秋になると、空がそれまでよりも広くなっているように見えて、少し心細い思いをする。
今年はそんなふうに思う機会が多いのかもなあ、と少し心配だ。

ちなみに今日は今年最後の「スーパームーン」だったのだけど、茅ヶ崎は雲が多くてほとんどの時間見ることができなかった。残念(T_T)

昼の時間はまだ日差しが強い。
そしてセミもまだ頑張って鳴いている。
ただ、8月中は天下を支配していたアブラゼミとミンミンゼミに加えて、ツクツクボウシの声が目立つようになった。
夏の終わりになると盛んに鳴くセミだ。子供の頃は、夏休みの宿題をやっている時にいつも外でツクツクボウシが大合唱をしていた記憶がある。
でも夕方5時半を過ぎると、虫の声が変わる。
秋の虫が鳴き始めている。
もっと前から鳴いていたのかもしれないけど、この何日かですごく聞こえるようになったようだ。

小さな頃、富山の小さな集落で、日に日に早くなっていく日の入りを惜しむように、麦わら帽子をかぶった僕は夕方の空をよく見上げていた。
セミの声と、秋の虫の声と、夕方の赤い太陽の光に包まれながら、僕が見上げる高い空には、見渡す限りにアキアカネ(赤とんぼ)が音もなく舞っていた。それは子供ながらに圧倒されるほどの風景で、世界中のアキアカネがここに集まっているんじゃないかと疑いたくなるくらいの数だった。僕はヤツラが秋を連れてくるんだと思っていたし、夏がこれで終わりになるんだなあと子供ながらに本能的に感じていた。

そして陽が落ちて、夜の闇が世界を覆うと、アキアカネに変わって空は重いほどの星で満たされる。
星と星の間の隙間が本当に狭くて、僕は文字通りの「天の川」を見ていた。
赤い星、青い星、黄色い星、白い星。小さなまたたきなのにひとつひとつに存在感があり、自分をアピールする力があり、そして素晴らしく美しかった。
あんな星空はもう富士山にでも登らないと見れないんじゃないかと思う。

ここ何年か、夏が長くて秋はダッシュで去ってすぐに冬、みたいな季節の変化だったけど、今年は違うのかもしれないですね。
ちなみに秋といえば「◯○の秋」という言い回しがありますが、子供の頃の僕の秋は間違いなく「食欲の秋」だった。
といっても別にグルメ小僧だったわけではない。

幼い僕をとりこにした秋の味覚、サンマでもカツオでも松茸でも無い。

それは「柿」だ

To be continued(なんのこっちゃ)

faa282efb30ba8e7957a74c2443a9b3e_s.jpg


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。