明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコ弁当の始め方③ 作り置きおかずと冷凍保存(前編)

ずいぶん前置きが長くなってしまったけど、ようやくお弁当のレシピです。

おかずの調理は週末にまとめてやります。毎日作ろうと思うと負担が大きく、また日によっては時間がなく、途中でできなくなってしまうリスクが大きいからです。
せっかく節約したくて弁当作りを始めるのなら、ちゃんと継続できる方法をつかんでいくことが大事です。

ということで週末に1~2時間、おかずクッキングの時間を取りましょう。
ちなみに前週に作った作り置きのおかずがまだ残っていることも多く、そんな週は1時間もかからずに終了できることもあります。

まずは1週目のおかず(副菜)の確認です。

・モヤシの酢醤油漬け
・味付タマゴ
・焼きたらこ
・ひじき煮物
・きんぴら
・パスタ(ナポリタン)

通常の料理と違うのは、作って食べるのではなく、「作る」→「保存する」という流れであることです。
なので保存のためのタッパやジップロックなどを準備しておく必要があります(オトコ弁当の始め方①を参照)。

本日は前編として、3つのレシピを紹介します。
ホントにカンタンですよ。

●モヤシの酢醤油漬け
【材料】
・もやし…1袋
・しょうゆ…大さじ2
・穀物酢…大さじ2

【作り方】
①鍋に多めのお湯を沸かし、沸騰したらモヤシを投入
②再び沸騰して10秒くらい煮たら火を止めてザルにあげる
③お湯を切ったモヤシをボウルに移し、しょうゆと酢を加えよく混ぜる
④タッパに移して粗熱が取れたら冷蔵庫で保存
※保存期間は1週間程度、1日に1回混ぜて酢醤油を全体になじませる。

tukurioki00.jpg

●味付タマゴ
【材料】
・タマゴ…M4~5個
【漬け汁】
・水…150CC
・しょうゆ…50CC
・みりん…50CC

【作り方】
①漬け汁を合わせて鍋で煮たてて冷ましておく
②ゆで卵を作る。たっぷりのお湯に塩小さじ1を溶かし、沸騰したら卵をおたまなどで静かに入れる
③固ゆでなら10分、半熟なら6分くらい茹でる
④茹でた卵を冷水に移し、卵の下部分に割れ目を入れる(こうすると殻がキレイにむける)

tukurioki01.jpg

⑤卵の殻をむき、保存用のタッパへ入れて漬け汁をかける
⑥冷蔵庫で保存する。最低一晩は漬け込みましょう。
※保存期間は1週間程度

tukurioki02.jpg

●焼きたらこ
【材料】
・たらこ…1パック(3〜5本程度)
・酒…少々

【作り方】
①たらこをアルミホイル上に並べ、酒を振り、ふんわりとホイルで包んでオーブントースターで5分位焼く
②ホイルを開き、途中で裏返しながら、全体がこんがりするまで更にトースターで3分くらい焼く
③トースターから取り出し、粗熱が取れたら1センチ強の幅に切る

tukurioki03.jpg

④2~3個を1組としてラップに包み、保存袋に入れて冷凍庫で保存する
※保存期間は1ヶ月程度
※解凍は前日夜から冷蔵庫へ移して自然解凍、または当日レンジで解凍

tukurioki04.jpg

次回は残りの3品のレシピです。
もう少しで弁当生活スタートできます!


男の料理 ブログランキングへ

スポンサーサイト

弁当(元)男子やってるよ(^^)

実は11月半ばから、ずっと弁当を持って仕事に行っている。
外回りの仕事だし車の移動が多いので、弁当は車内でも食べられてとても具合がいいのだ。ずっとコンビニ弁当で過ごしてきたが、どうしても飽きるし揚げ物中心になるしでカラダにも良くない。どのみち毎日何かしら調理っぽいことをしているのだから、食材の管理がラクな冬場だけでもやってみようかと思って始めたのだ。

そうはいってもこの歳で今さら弁当作りというのもこっ恥ずかしかったのと、意気込みは良かったけど「3日で終了しました」になるかもという心配もあって黙ってました^^;
お陰様で…なのかどうかわからないが、ここまで一日も休まずに弁当オジサンは継続している。
まあ、オジサンのやることなので見栄えは美しくはないですが(-_-;)

benntouiojisan.jpg

続けるコツは、女性にとっては当たり前の話かもしれないが「作りおき」だ。基本的に朝はレンジでチンする以上の調理はしない。
毎週日曜にその週に持っていく弁当の内容をほぼ決めて、さっさと作ってしまう。バリエーションなどあまり気にしない。週に同じメニューが2~3回あったって別にいいのだ。

冷凍庫にはほぼ常に、パスタの冷凍が小分けにして8食分くらい入っている。ナポリタンとシメジの和風パスタを代わりばんこに作ると、それで一月分くらいになるし冷凍なのでかなり前のでも問題なく食べれる。

pasutareitou.jpg

味付玉子もほぼ切らさない。茹でて漬け汁に漬けておくだけなのでこんなにラクなものはないし、素人がやってもなかなかオイシイのだ。僕の弁当にはほぼ毎日入っている。

nitamago.jpg

意外と弁当に便利なのがモヤシだ。
他の野菜と炒めることもあるけど、シンプルなのはザッと湯通しして酢醤油で漬けただけのモノ。日持ちもするしあっさりとして食べやすいし、カロリーなんてほぼない。そして何といっても安い。業務スーパーで買えば1袋18円です。

あとは前の晩に酒のアテで作ったツマミを少し取り分けておくと、ほとんどオカズは出来上がってしまう。冷凍食品のコロッケとかも何種類か買ってあるがあまり使わずに済んでいる。
冷凍といえばかぼちゃの冷凍したのを買ってきて煮ておくと、これもオカズに丁度いい。

ゴハンも冷凍したのを朝にチンして詰める。なんだかんだ言って弁当の準備で15分くらいはかかるが、習慣になってしまえば別に困らないものだ。

そして弁当生活ほぼ1ヶ月にして、一番その成果を感じたのが「食費」なのですよ。
僕は「ReceReco」というアプリで支出をチェックしているのだけど、弁当を持っていくようになってから、それ以前と比べて食費が激減しているのです。

10月までの食費を100とすると、途中から弁当に変えた11月は70,フルフル弁当だった12月(月末まで換算して)は43にまで下がっている。けっこう安いのを選んで買っていたつもりでも、コンビニ弁当というのはそれなりにかかってしまうものなのだなあと、ちょっと驚きました。
こうなるとますます弁当ヤメられません。

今のうちにバリエーションを増やして飽きないようにしないとね(^^)

4a74da0ed6257e83719488332774ef26_s.jpg
↑こんなにキレイには作れませんm(__)m


日々の出来事 ブログランキングへ

男の料理 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。