明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠く青い空と白いボール

昨日、勤務先の店に出勤したら同僚が長期休暇明けで5日ぶりに出勤していた。
うちの会社は年間20日の長期休暇を取得できるのだけど、まとめて20日はなかなか取れないので、数日に小分けして年に数回のミニバカンスを取る人が多いのだが、彼もその休みを取っていたのだ。

5日ぶりの彼はなんと真っ黒に日焼けして、まるで別の人みたいだった。
聞くと2泊3日で沖縄に行っていたとのこと。
梅雨真っ只中の沖縄だけど、6月の頭はずっと天気がよく、気温も30度を軽く越える毎日で、まさに一足早い真夏を満喫してきたということだった。

僕は過去に沖縄へは4度訪れたことがある。
でも自分のお金を使って行ったことは実は一度もなくて、全て仕事での訪問だった。そう考えるとなかなかいい会社にいたのだなあと今更ながら思う。

最後に彼の地を訪れて、もうすぐ10年近い年月が過ぎようとしている。
ずっと「また行きたい」と思いながら、あれこれあって果たせずにきてしまっていたのだ。

最初に沖縄の地を踏んだのはもう15年近くも昔の11月だったと思う。
11月でも沖縄はまだ夏の名残を残していて、昼間は25度以上まで気温が上がりセミも鳴いている。
といっても関東あたりでお馴染みのアブラゼミやミンミンゼミではなくて、名も知らぬまるで金属音のような声で鳴くセミだ。

初めての訪れた沖縄は那覇ではなく、恩納村周辺だったのだが、有名なリゾート地できれいな海が広がる代わりにホテル周辺には文字通り何もなく、僕は仕事の合間にブラブラと近所を散歩していた。

サンゴが果てしなく散らばる海岸を歩くのにも飽きて、陸の方へ足を向けるとすぐにサトウキビ畑が広がっていた。びっくりしたが本当にサトウキビ畑というのは「ざわわ、ざわわ」という音がするのだ。遠くの林だか山だかから例の金属音のセミの声が聞こえて来る中、「ざわわ、ざわわ」と風に身を任せて揺れている果てしないサトウキビ畑で、都会では感じることができない静けさを味わった。

ブラブラと歩くサトウキビ畑では誰一人すれ違う人もなく、歩き続けた先に住宅地が見えてきた。
あとで調べてみると万座の方まで歩いていたのだけど、その時はまったく土地勘もなく、ただ止まってしまったような時間に身を任せてゆっくりと移動していたのだ。

住宅地が視界に入ってきた頃から、とぎれとぎれに人の声が聞こえてきた。
なんだろうと思いながら歩いていると、やがて目の前に学校らしき建物が現れた。そしてその学校の前にはグランドが広がり、そこで子どもたちが少年野球をしていた。さっきから聞こえていた声は、野球をする子どもたちと、応援する親たちの声だったのだ。

その日はたぶん日曜日で、子どもたちのチームはどこか近隣のチームと練習試合をしていたらしい。
ちょうどその頃、僕も息子が地元の野球チームに入っていたので、自然と親近感を覚えてネット裏に腰を下ろして子どもたちのプレーを観戦した。

1塁側に陣取るホームチーム(だろう多分)は鮮やかな青のユニホームで、忘れてしまったがなかなかカッコいいチーム名だった気がする。対する3塁側の敵チームは、なぜだか知らないがみんなバラバラのジャージを着ていて、色も揃っていない。ユニホームじゃないのだ。

チームはないけど野球好きな男の子たちが集まって、とりあえず試合をしに来たんだ、みたいなカンジで、でもやはり日頃から練習しているホームチームのプレーには全くかなわなくて、どんどん点差が広がっていく。
でも子どもたちは一所懸命だし、どちらのチームの親たちも楽しそうに応援していて、よそ者の僕も遠い沖縄の地でとても楽しい風景に出会えたような気がしたのを覚えている。

都合4回、沖縄を訪れたのだけど、一番心に残っているのは今もあのサトウキビ畑の静けさとセミの声、そして子どもたちの野球の試合だ。あの子達ももう大人になっているのかと思うと、自分の歳を改めて感じてしまうが、もうそれだけの時間が過ぎてしまったということだ。

真っ黒に日焼けして帰ってきた同僚を見ながら、あの遠い日の11月の真っ青な空と、子どもたちが必死で追いかける白いボールがありありとまぶたによみがえってくるのを感じた。
やっぱりまた行ってみたいなあ、沖縄。

0f35e86eae1136432b98c45841461933_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

スポンサーサイト

ヤギはムリ(~_~;)

1月1日にこのブログで、今年一年の目標として元旦の計をたてたけど、その中の一つに「沖縄行くぞ」というのがあった。
僕は実は沖縄大好きおじさんなのです。

以前勤めていた会社で、会社の商品を一生懸命売ってくれていた販売代理店の慰労目的で、何度か沖縄でのイベントを企画して、そのスタッフとして訪問したことがあるのだけど、かの島のあまりの魅力に圧倒されて、「ワシの終の棲家は沖縄で」と真剣に思った時期があった。
当時はまだ僕も所帯持ちで、現実的に考えるとそんな移住はムリがあったのだけど、今はひとり者だし、どこでどう生きようと自分の勝手だしと思うと、無性にあの島へ帰りたくなる。

信じられないほど透き通ったエメラルドグリーンの海と、ゆっくり漂う島時間、三線の優しい音を聞きながら、とことん酔いたい泡盛…。魅力は尽きません。

今日はそんな沖縄の食べ物の話です。
沖縄のウマいもの、何を思い出しますか?
沖縄そば、テビチ、ゴーヤチャンプルー、タコライス、ジーマーミ豆腐、ちんすこう、サーターアンダギーetc...

僕は結局のところ飲むほうへ目が行ってしまうので、やはりつまみ系で「島らっきょう」と「豆腐窯」が好きですねえ。
島らっきょうは一時やたらと塩漬けにはまって、泥つきの束を売る店を鎌倉で見つけて定期的に仕入れ、自分で皮をむいて漬けて作るという、かなり大変な作業をやっていたこともあります。かつお節をかけて食べると美味しいんだよね(^^♪

豆腐窯(よう)は島豆腐の泡盛漬けとでもいえばいいのでしょうか。すごく酒臭いのだけど結構これがはまります。
コンソメキューブくらいの大きさのが5~6個入って800円くらいなので結構お高いのだけど、一度にそんなたくさん食べるモノじゃなくて、楊枝でつつきながら泡盛と一緒に舐める、というのがよくある食し方ですね(^^)
これを舐めてるだけで酔っ払いそうで、きつめの泡盛を飲みながらやると、もうかなりの小確幸(^^)/

どちらも沖縄へ行くまでは、一度も食べたことがなかったのだけど、初めて行った際の夜の居酒屋で食べて、あっという間にはまってしまったわけです。

一方同じ居酒屋で出てきた料理で、どうしても受け付けなかったのがヤギです。
沖縄ではヤギのことを「ヒージャー」というらしいのだけど、これを食べるのです(~_~;)
その時出てきたのは「山羊汁」と「タマ刺し」なる料理。。

ほんとに地元の人には申し訳ないのだが、食べられましぇん。匂いがすごいんだ、これが。
山羊汁は見た目も強烈で、いったいヤギの何を煮た料理なのかと考えてしまうようなゴチャッとした見た目で、かつ漂ってくる匂いがハンパじゃない。地元の人に言わせれば、「こんなの匂ってるうちに入んない」とのことだったが、それでもかなり強烈な匂いだった。
もちろん食べてもみたのだけど、匂いが鼻について味がよくわからない(T_T)
「タマ刺し」はヤギの睾丸です。こういう「タマ系」のものってなんでもそうだと思うけど、ヤギのタマタマはとりわけ味と香りが濃厚で、思わずむせ返ってしまった(T_T)
結局どちらもほとんど食べられず、取り皿に盛られたまま残してしまいました。
ゴメンナサイm(__)m
まだまだ沖縄のディープな食文化にはついていけないなと、つくづく思い、日本は広いと改めて感じた沖縄旅行でした。
果たしていつか食べられるようになるのだろうか(*_*)


@Chanpuruya / ちゃんぷるぅ家(銀座) / jetalone



バツイチ日記 ブログランキングへ

一年の計

「一年の計は元旦にあり」と昔から言われます。

誰もが「今年こそは…」と、思いも新たに年始の計画を立てるのだけど、「元旦の計」ほどあてにならないものもない。元旦というイベントにあおられて、勢いに任せてたてるはいいが、イベントが終わると勢いも落ちる。当然のように「なかったこと」となっていくのが不思議だ。

最も顕著な例が「走る」決意ではないか。
正月は駅伝があることも影響してか、「3が日ランナー」が毎年どっさり出てくる。文字通り正月だけ走っているランナーで、4日、5日になると嘘のようにサーといなくなってしまう。
今日も近所を歩いていたら、にわかランナーに違いないと思しき人と何人もすれ違ったり、追い越されたりした。
なぜか圧倒的に中年男性が多いのが泣けてくる。

明らかに普段は全く体を動かしていないことがまるわかりの走り方で、ヒーヒー言いつつ足を引きずっている(T_T)彼らの特徴は、ちょっと古いモデルのランニングウェアを着ていて、かつそれが意外と新しかったりすることだ。
想像だけど、数年前のやはり正月に「走るぞ」と決めて、気合を入れてウェアを買ったのだが、結局3が日で挫折、そのままタンスに眠っていたのをまた引っ張り出して着ているとか…(T_T)
このウェアは、あと何年くらい活躍するのだろうか?それともまだまだ着れるのだけど、体型が合わなくなって、タンスの肥やしになってしまうのだろうか(-_-;)

とりあえず頑張れ!走り始めた中年男性!
でも最初はウォーキングから始めるほうがいいよ(^^)/

ということで、僕も元旦の計をたてようと思います。
といっても、ランニングじゃないよ(^^)

  ①このブログを、年間を通して書き続けること。
  ②「男きっちん」がもっと多くのバツイチ男子の役に立つように、ブラッシュアップしていくこと。
  ③もう一度沖縄へ!


ブログの運営は何度か経験があるけど、これまでは3か月が限度で、結局自分でもつまんなくなってやめてしまってた。でも見に来てくれる人がいるのなら、また来てくれるように頑張ってみたい。一年続けりゃ、それなりのモノになるだろーしね。

「男きっちん」を始めたのは、バツイチになった自分が困った「料理」「食生活」が、きっとほかの同じバツイチの男性にとっても困ることなんじゃないか、だったらすごく簡単に料理ができることを紹介することで、お金や時間の無駄を省けたり、何かをできるようになる満足を提供できたりするんじゃないか、と思ってのことだ。
本当にその目的が達せられるには、もっともっとソフトの改善が必要だろう。それを考えていること自体がとても楽しい。

愛すべき沖縄。
今から10年近く前に、前の会社のイベントで何回か行ったあの島へ、もう一度帰りたい。
透明な海。ゆっくり流れる時間。
そして今も戦争の爪痕がはっきりと残ったままの島。
ただの観光ではなく、日本人である自分が知っておくべきことを知りに行くための旅を、今年は必ずやっておきたい。

明けましておめでとうございます。
2014年のスタートです。
今年も「風のブログ」を、どーぞ可愛がってやってください(^^)/

馬


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。