明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコ弁当の始め方② 献立&買い物のコツ編

節約に燃える皆様、こんにちは。

前回に引き続き、料理経験が少ない人のための「オトコ弁当の始め方」ノウハウレポート第2弾です。
今日は弁当に入れるおかずの献立決めと、食材の買い物についてがテーマです。

弁当作りの最初にすべきことは、メニュー(献立)を決めることです。
一日だけでなく、毎日作り続けることを前提とするのなら、料理のムダを省くためにも献立を考えることは慣れないうちは必須です。そしてメニューを決めたらそのための食材を、カシコク購入します。

まずはメニュー作りのポイント

①献立は1週間分をまとめて考える
食材の多くは1食分の料理では使いきれません。無駄なく使い切るには、たくさん作る(作り置き)か、同じ食材で何種類かの料理を作るかしないといけません。「明日の弁当のことだけ」考えての買い物や料理は無駄が出てしまうのです。その週のメニューをまとめて決めることで、食材をその週のうちに使い切ります。

②まずは超簡単レシピから始める
料理は思った以上に手間がかかるものです。複数のおかずを用意するということは、それだけ料理の手間が多くなるということ。慣れないうちはコツがつかめず、けっこう大変です。なので最初のうちはできるだけ簡単なレシピから始めることをオススメします。

③数種類のおかずをローテーションで回す
毎日全てのおかずが入れ替わるというのは現実的ではありません。毎日持っていくおかず、2~3日に1度持っていくおかずを作り置きで準備して、献立に組み込みます。そうすることで作る種類を減らし、食材を無駄なく使い切ることができます。

④メニューに困ったら迷わず冷食
続けるためには、とにかくムリをしないことです。献立に困ったときには迷わず冷凍食品のおかずを利用しましょう。節約観点で考えたら勿体ない気もするけど、冷食だってそんなに高いモノばかりじゃない。200円前後で4~6食分入っているパックも多いです。レンジでチンするだけで使えるのでとてもラクだし、もともと冷凍だから保存期間も長い。困ったときのために、冷凍庫に好きな冷食を2~3種類入れておくと安心ですよ。

さて、実際の献立ですが、主菜と副菜に分けて考えます。
主菜とは、毎日変わるメインのおかず。
副菜とは、上記の③のように作り置き保存して、週に何度か入れ替わりローテーションで登場する使い回しのおかず。

おかずの全部が作り置きだとさすがに飽きてくるので、僕は一つだけ日替わりのおかずを用意することにしていて、それが主菜になっています。主菜がひとつあるだけで、お弁当が毎日違うメニューになっている感ができて、毎日のランチが楽しみになります。

もちろんこういう感覚は個人差があるので、全品作り置きおかずのローテーションでも気にならない人はその方向で考えればいいと思います。実際にはそのほうが料理としては一日で済むのでラクですから。

kondatekaimono01.jpg

献立の一例

では実際に1週分の献立を考えてみましょう。
ご飯の他に5種類程度のおかずを詰めて持っていくというイメージで献立を作ります。
まず主菜が1品。これは毎日の夜に翌日の準備をするものとします。

続いて作り置きにして、ローテーションで詰める副菜です。
最初は調理のカンタンなおかずで考えてみたいと思います。( )の中は食材です。

・モヤシの酢醤油漬け(モヤシ)
・味付タマゴ(タマゴ)
・ひじき煮物(乾燥ひじき、ニンジン、ちくわ)
・きんぴら(ごぼう、ニンジン)
・パスタ(ナポリタン)(パスタ・ウィンナー・タマネギ)

あと、オカズの隙間を埋めるのにちょうどいいのが
・ミニトマト(市販品)
・焼きたらこ(たらこ)

なお1週目は作り置きのストックがまだないので、冷凍食品を副菜の一つに入れておいてもいいでしょう。

最初のうちは予定する献立を、カンタンに表にしてみるとイメージがしやすいです。

kondatekaimono00.jpg

モヤシの酢醤油漬けと味付タマゴは、冷蔵庫で1週間程度の保存期間なのでその週のうちに使い切ります。それ以外の多くは冷凍保存をするので、翌週以降にストックとして残っていきます。

ということで、とりあえず最初の週に準備する副菜は以下の通りです。

・モヤシの酢醤油漬け
・味付タマゴ
・ひじき煮物
・きんぴら
・焼きたらこ
・パスタ(ナポリタン)

6種類もあって大変そうですが、ここで作っておくとそのままストックになり、来週以降の手間が減ります。頑張ってみましょう。

買い物のコツ

メニューが決まったら食材を買います。
買物をする際のポイントは以下の3点です。

①保存期間が短いものは、できる限り一度で使いきれる量で買う
最近はおひとり様向けのいわゆる「個食」マーケットの広がりを受け、スーパーなどでも使い切りができるように少量で販売してくれるお店が増えてきました。例えばキャベツや白菜など、玉で買うと消費しきれない大型野菜を1/2カット、1/4カットで安く売ったり、ジャガイモやニンジン、タマネギなど袋詰めのパックでなく、1個単位で売っていることもあります。
皆さんの身近なお店の中で、そういった対応をしてくれている店はチェックしておくといいと思います。

またコンビニでも、Lawson100などはひとり住まい顧客に特化したような商品が、食材だけでなく調味料などでもずらりと並んでいます。たとえば豆板醤とか柚子胡椒とか、頻繁に使わない調味料はチューブ入りの小さなサイズのものを買えると賞味期限内に使い切れそうで安心です。

②冷凍保存できるものは安くまとめて買う
一方で肉や魚の切り身など、冷凍庫で2~4週間保存できる食材は少し多めの量を安く売るお店で買う方がお得です。
例えば豚こま切れ肉などは、おひとり様向けの食肉コーナーでは小分けのパック(90g程度)が110円位で販売されていますが、別のお店では500g弱で450円位で売られていたりします。(僕の自宅近くのお店の話です)
後者は100gが90円ということになるのでこちらのほうがお得ですよね。ただしこの場合は買った肉はすぐに小分けして冷凍庫へしまうという作業が必要です。

③使う予定のない食材は安くても買わない
もう一つ買い物で大事なのは、「予定外のものは買わない」ということ。食材の買い物に慣れてくると、行った先のお店でとても安い特売品に出会い、「安い!買っておこう」と手を出したくなります。
でも良く考えましょう。その安い食材を使うには、どんな料理を作るのか新たに決めなくてはならず、かつ合わせる別の食材も買わなくてはいけません。こうやって面倒が増えていくと、結局使わずに冷蔵庫内で時間ばかり過ぎて、傷んでしまうのがオチです。予定していないことはできないのだと割り切って、見なかったことにしてしまいましょう。

ただし、タマネギとピーマンだけは予定外でも僕は買ってしまいます。なぜならとても日持ちがするからです。タマネギなどは常温で1か月以上ほっておいても何も問題なく使えます。ピーマンも1週間から10日くらいは大丈夫でしょう。これだけ持てば翌週の献立に活かせますよね。

自分の好みや献立に合わせて上手にお店を選びましょう。
最初のうちはなかなか比較もできないかと思いますが、買い物を続けていくと自分が良く買う食材とかがだんだん分かってきて、どう買えば一番お得なのか自然と見えてきますよ。何事も経験ですね。

実際にお買いもの

1週目の献立に合わせて以下のように買いましょう。
※調味料は含まれていません。

・モヤシ…1袋
・卵…6個入りを1パック
・乾燥ひじき…40g入り程度のものを1袋
・ニンジン…1本(1本売りがなければ最少本数のパック)
・ちくわ…1パック
・ごぼう…1本(洗いごぼうだとラク)
・パスタ…好きな太さで1パック
・ウィンナー…1袋
・タマネギ…1袋
・たらこ…3~5本のパック
・ミニトマト…1パック
・好きな冷凍食品…2種類ほど

以上でだいたい1300~1500円くらいでしょうか。まあ、時期にもよりますが。
これ以外に初日の主菜として温野菜を持っていくことにすると、ジャガイモかブロッコリーを付け加えてもいいでしょう。1週間分の昼食の費用としてはかなり安いと思いませんか?

次回は副菜の作り置きについてまとめます。レシピ&保存の仕方など、すぐに使えるノウハウをお届けしますね。

kondatekaimono02.jpg


男の料理 ブログランキングへ

スポンサーサイト

年末スッキリ報告(・ ・)ゞ

僕は月末になると1ヶ月の収支整理をする。
以前自営業をしていた頃は、毎月末に帳簿を合わせるというタスクがあって、それが今でも形を変えて習慣として残っている。

今日も今月の収支をExcelにパチパチ入力しながら、財布をひっくり返して見逃してるレシートとかないか見ていたのだが、何だか随分カードが多いなあと今更ながら思った。

この1~2年、特にバツってからじゃないかと思うけど、いわゆる「ポイントカード」的なカードを随分持つようになっている。以前はこんなに持ってなかったし、そもそもポイントカードというのも、クリーニング屋とかで利用金額に合わせてスタンプを押してもらうようなヤツばかりだった気がするが、今ではそんなカードなんて一枚もない。

現在財布の中にあるポイントカードは

・駅前のショッピングセンターのカード
・Tカード(TSUTAYA)
・ドラッグストアが2店
・家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ)のカード
・ニトリ
・スーツショップが2店
・バー

こんなにあるのかよ、というカンジだ。

それにしても使っていない。
この中で一番最近使ったのは多分ドラッグストアのカードで、それも何百円だかの買い物だから多分ほとんどポイントなんかついてないだろう。

それ以前の利用だと、多分Tカードじゃないだろうか。
ファミリーマートで11月頃に昼メシの弁当を買った時にレジに出したのだ。それもこのところずっと手弁当なので全く利用しなくなってしまった。
だいたいTカードって本来は、TSUTAYAでDVDを借りるときに一番使うはずなのだけど、もう3ヶ月位借りてない。

駅前のショッピングセンターはけっこう頻繁に行くのだけど、利用するお店は1階にあるスーパーがほとんどで、ここは独自のポイントカードを発行しているので、センターのカードは使えないのだ。ちなみにそのスーパー独自のカードは持っていない。

コンビニだってファミマは行かなくなったけど、野菜とかはLAWSON100でよく買う。だが、こちらもポンタカードという別のカードが必要で、これまた持っていない。
ニトリとか家電量販店とか、引越しの時以来ほとんど行ってない気がする。バーもいつも行く店にはカードはなく、いつ行ったかも覚えていない店のカードが何故か残っているのだ。

要するに利用している店のカードを持たず、利用頻度の少ないカードばかり財布に入っているということ。ポイントも貯まらないポイントカードで、財布をふくらませて歩いていることになる。
「何だそりゃ」と思い、僕は財布からすべてのポイントカードを抜き出してしまった。
こんな使用状態ならば、無くても絶対に困らないだろうし、ホントに必要なときは改めて入れて持ち出せばいいのだ。

財布は薄く、軽くなって随分スッキリとした。
なんだかこの年末で一番意味のある大掃除をしたような気がしました。

あ~さっぱり(^^)

N811_chirabattakokkicard500-thumb-750x500-2147.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

業務スーパーとLAWSON100を使いこなせ(`´)

バツイチ男にとって、食材の買い物は慣れないと勝手がなかなかわからない(-_-;)
食べたい物は分かっても、必要な量が分からない。
特に野菜は使い道を考えて買わないと、キャベツなどは食べきる前に傷んでしまったりする。
価格も当然安いものを選びたいけど、自分がどれだけ必要としているのか、あるいはどれだけ使えるのかを現実的に考えながら買わないと、あとで後悔することもある。

ということで、今日は僕が食材調達によく利用するお店である「業務スーパー」と「LAWSON100」について、上手な活用法をご紹介します。なんて偉そうだけど(^^;

「業務スーパー」は株式会社神戸物産が展開する激安食品スーパー。
店舗は日本全国にあるようで、僕は湘南エリアの店舗しかわからないのだけど、とにかくメチャメチャ安い。
例えばこのペットボトルの烏龍茶。いくらだと思います?

00烏龍茶

普通に自販機とかで買うと120~150円くらい、コンビニやスーパーのPB商品でも100円前後ですよね。
業務スーパーのこの烏龍茶はなんと39円です(*_*)
冗談みたいな数字ですがホントです。烏龍茶以外に緑茶もあるけどこちらも39円。
ちなみに350MLの缶タイプもあり、こちらは29円( ゚Д゚)

【男きっちん】で時々登場する、おひとりさま向けのミニ豆腐。

01豆腐

一人で1丁は大きすぎるので、とても重宝するのだけど、3つパックのこの豆腐は58円です。一つじゃないですよ。3つで58円。
他にもモヤシ1パック19円とか、納豆3パック58円とか驚きの値段が次々に出てきます。
コンビニで100円前後で売られているおにぎりは55円だし、食パン一斤は75円、もう笑ってしまう。
あと、業務スーパーならではのおすすめ商品は冷凍食品ですね。

このサトイモは198円。

02さといも

ブロッコリーは97円。

03ブロッコリー

ポテトどっさり、198円。

04ポテト

鳥の唐揚げ1キロ、598円。

05とりから

日本全国、どの店でも同じ値段とは限らないかもだけど、けた違いに安いのは間違いない( ゚Д゚)
ただしバツイチ男にとっては買いづらい商品もあって、それは野菜です。
高いのではなくて多すぎるのです。
ジャガイモとかタマネギとか、10個以上入った袋で数百円とかで売ってるのだけど、とても消費しきれない。
業務スーパーで買うべきは、保存がきく食材とか調味料系ですね。特に冷凍食品はバリエーションも多く、とても使い勝手があります(^^)/

一方、おひとりさま向け商品が充実しているのが「LAWSON100」。
業務スーパーでは多すぎる野菜が、逆におひとりさまに丁度いい分量で、かつ105円で売られているので、とても助かります。このジャガイモも

06じゃが

このタマネギも

07タマネギ

ともに105円。野菜は天候次第で高くも安くもなるので、いつもこんな買い物ができるわけでなないけど、買った分をちゃんと使い切れる見通しが立つので、安心して買えますね(^^♪
あと、こういう使い方も便利、というのがレアな調味料や香辛料。
例えばコチュジャン、豆板醤、柚子こしょうなど(今のところ)たまにしか使わない調味料は、普通の瓶詰だとたっぷり入っていて、使い切れるかどうか微妙だけど、LAWSON100ではチューブで売っているのでホントに気軽です。
牛乳ももうあまりがぶがぶ飲まないので、500MLが105円だととても買いやすい。卵も6個売りで105円、ちょうどいい感じです。

08牛乳

僕はあまり買わないけど、カレーやシチューのルーも一人用の一回り小さなサイズのものが売られていて、とても便利そうです。

買った食材を、一切無駄にせずに使っていける生活をしていると、地味ながら満足を感じたりして(^^;
でも日本中の主婦の皆さんは、ずっとこれをやっているんですよね。
アタマが下がるよ、ホントに。


男の料理 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。