明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1400年のチカラ♫

週末に富山に帰った際、寝泊まりした座敷に何やら巻物が置いてあった。
巻物といっても忍術が書いてあるような小ちゃなものではなく、最近あまり見ない大きな模造紙に何やら書いたのを丸めたものだ。

なんだろうと開いてみると、そこには「こきりこ」の歌詞が書いてあった。

th_IMG_2148.jpg

「こきりこ」とは合掌造りで知られる富山の世界遺産、五箇山に伝わる民謡だ。
その歌詞が模造紙いっぱいに書かれている。何に使ったのか親に聞けばわかるのだが、長い説明を聞くのもまた面倒なので、放っておくことにした。

子供の頃、「こきりこ節」は「越中おわら節」と共に盆踊りの時には必ず流れていた民謡だ。2本の竹の棒を両手で打ち鳴らしたり、「ささら」という竹やヒノキで作った楽器的なものをシャンシャン鳴らしながら踊るのだが、これがなかなか難しくて覚えるのに苦労した記憶がある。今ではもうすっかり忘れてしまった。

↓ささら
sasararara.jpg

僕も知らなかったのだが、「こきりこ」は日本でも一番古い民謡らしく、その起源はなんと大化の改新の頃(1400年くらい昔。飛鳥時代じゃないか)と言われる。五穀豊穣を願い、百姓の労をねぎらうために田楽法師と呼ばれる当時の歌手たちが田植えや稲刈りの際に歌い踊ったらしい。
いわば古代のEXILEだったわけですね。
なんとも物悲しいメロディで、子供の頃には、遠い国で故郷を思いながら歌われた唄のような印象をずっと持っていた。

千年以上の永きに渡り歌い継がれてきた「こきりこ」だが、一時は伝承者が途切れてしまいそうになったことがある。それは昭和のはじめ頃のことで、ルーツである五箇山にさえ歌い手が見つからなくなってしまった。人里離れた山里でひっそりと滅びていってしまいそうだった古謡を救ったのは、詩人の西条八十だったという。

そう、「Mama.Do you remember♪」の「人間の証明」で一躍有名になったあの西条八十さんです。彼は「こきりこ」を探しにはるばる五箇山を訪れ、最後に残った伝承者だった「山崎しい」さんを見つけ出し、この民謡を世に出したのです。
この意外な有名人のおかげで「こきりこ」は世界から消え去ってしまう運命を免れたというわけですね。

ちなみに五箇山は現在は富山県南砺市という市にあるのだけど、僕らが子供の頃はその辺り一帯は「利賀(とが)村」や「平(たいら)村」「上平(かみたいら)村」という地名だった。学校の授業でも、「利賀村周辺で古くから合掌造りとともに伝わる田楽」という風に教わったと思う。
そんな事もあって、今では再編されてなくなってしまった村の名の方が、個人的には馴染みがあります。

深い雪に閉ざされた山あいの旧い村に静かに流れる「こきりこ」は、富山で生まれ育った者であれば誰でも、魂に染みついた文字通りのソウルミュージックです。
実家の模造紙に書かれた「こきりこ」の歌詞を見て、40年近い過去にクラスのみんなで歌ったことをうっすらと思い出しつつ、1400年もの間歌い継がれてきた歴史を思い、なんというか身の引き締まるような気持ちになりました。

音楽の力というのはホントにすごい。

スポンサーサイト

誰もいない田舎が好きらしい

所用があり、またまた富山に帰ってきております。
正月に風邪をひきに帰って以来です。

帰省したのは昨日なので、今日開業の北陸新幹線はまだ乗っていません。茅ヶ崎に帰るときに初体験ということになりそうです。

ずっと雪が続いていた富山ですが、昨日僕が到着した時間は冷たい雨が降っていました。
今日は雨も上がり、時々雲の隙間から薄日がさす、いかにも北国の冬らしい空の重たい天候でとても寒い一日でした。

夕方になるまでほぼ家にいたのだけど、テレビはどこを見ても開業した新幹線の話題ばかりで1時間も見ていると飽きます。それに、さすがに全く動かずにいると腹もへらないので、すこし家の周りを散歩しようと思ってぶらりと外へ。

空気の冷たさはやはり関東とは種類が違います。寒いんじゃなくて冷たいんですね。
でも時折差し込んでくる日差しが顔に当たると、そこだけしっかりと暖かくて、真冬とは違う春の陽光の力強さをはっきりと感じます。

1時間位あたりをゆっくり歩いてて気づいたのだけど、茅ヶ崎だとひっきりなしに見かける「犬の散歩」をしている人がここには全然いない。
家の周りはほぼ田園地帯で、こんな風景がずっと広がる中を一直線の農道が走っているのだけど、てくてくと1時間半くらい歩いてた間、ワンコの散歩とすれ違ったのは1度だけ。

th_IMG_2116.jpg

これが茅ヶ崎だとそこら中がワンコだらけで、今すれ違ってもまたその先から別のワンコが歩いてくるのが当たり前。視界にイヌが見えないほうが少ないくらい。

まあイヌがいるとかいないとかの前に、人間が歩いていないのだから当たり前といえば当たり前ですけど。歩いてる前を見ても後ろを振り返っても誰もいないし。冬の田んぼの真中だから当たり前か^^;

僕は地方とかたまにいくと、その街の繁華街よりもこういう「徹底的に田舎」という場所のほうが落ち着くのだけど、あまり観光むきタイプの人間じゃないのかもしれませんね。
今日も人もイヌもいない一本道をポツポツと歩きながら、誰もいないのがとても気持ちよくて、ここを自転車で走ったら気持ちいいだろ−なと思ってました。

いっそのこと自転車買っちゃおうかな。

帰省しております。

本日、富山へ帰省しました。
疲れました。

お昼すぎに茅ヶ崎を出て、富山の自宅へ着いたのは19時ころ。こんなに遠かった?と思うくらい時間がかかってしまったのは、新幹線が自由席だったので早めに並んで座ろうとたくらんだからです。

最も無駄なく、連絡よく乗り継ぐ新幹線を選べば、もう1時間半くらい遅く出ても良かった。でも年末だしきっと混むし、座れないどころか乗れないとヤバいと思って早めに出たのだけどちょっと早すぎたみたい。

それにしても混んでましたね。
いわゆる帰省ラッシュ時に帰ったのってホントに久々なのだけど、こんなに新幹線って混むんだって驚きました。大体が家族連れで、田舎のおじいやおばあに顔を見せに行くのだろうという人たちが一番多かったようだけど、僕みたいな中年ひとりモノって全然いないですね。そういう人たちは年末はやっぱり動かないのでしょうか。

富山へ帰るには上越新幹線で越後湯沢まで行き、そこで在来線に乗り換えるのだけど、その在来線の混み方がまたすごかった。こちらは僕も指定席を準備して乗ったのだけど、自由席の乗客が多すぎて指定車両にも乗り込んでくるんですね。
指定席なのに通路には自由席の乗客がぎっしりと立っていて、誰一人として身動きも取れないという状態。トイレにもいけない。

途中で乗客が降りた後の席(指定ですよ)には当たり前のように立ってた人(自由席の人)が座ってるし、もうなんでもありの状態。そりゃそうなるよ。JRさん、これでいいんでしたっけ。

富山は予想に反して全く雪がありませんでした。というか雨が降ってます。
今日明日あたりはけっこう暖かいようで、路上にも雪はほとんど残ってません。
年が明けてから寒波が来るということなので、新年早々に雪かきになりそうです。

今年もあと2日。
みなさんも風邪に気をつけて。

th_2bb869fb90e9739300064fb86f472aff_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。