明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年が終わります

一年なんて早いものです。

去年の今頃といえば、3年間続けてきた自営業の失敗を受け入れざるを得なくて、廃業を決意した頃でした。
その後年が明けて、閉店、転職活動、離婚、転職。。
たった一年の間に、いろんなことがありすぎた気もするけど、終わってみればみんな過去。
まあ、いくらか深い傷もあったかもしれないけど、何年か経てばみんな一緒。
長い人生の中では、ほんの一コマに過ぎないのだろうと思う。

人生とは坂道。
まだ見えぬ頂上を目指して、一歩一歩足を出していくしかないのだ。
自分だけのかけがえのない道を。

   自分には 自分に与えられた道がある。
   天与の尊い道がある。

   どんな道かは知らないが、
   他の人には歩めない。
   自分だけしか歩めない、
   二度と歩めぬかけがえのないこの道。

   広いときもある。狭いときもある。
   のぼりもあれば、くだりもある。

   坦々としたときもあれば、
   かきわけかきわけ汗するときもある。

   この道が果たしてよいのか悪いのか、
   思案にあまるときもあろう。
   なぐさめを求めたくなるときもあろう。

   しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
   あきらめろと言うのではない。

   いま立っているこの道、
   いま歩んでいるこの道、
   とにかくこの道を休まず歩むことである。

   自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
   自分だけに与えられている
   かけがえのないこの道ではないか。

   他人の道に心を奪われ、
   思案にくれて立ちすくんでいても、
   道は少しもひらけない。

   道をひらくためには、
   まず歩まねばならぬ。
   心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

   それがたとえ遠い道のように思えても、
   休まず歩む姿からは
   必ず新たな道がひらけてくる。
   深い喜びも生まれてくる。

   松下幸之助


新しい年も、自分だけしか歩めない自分の道を、悩んだり困ったり喜んだりしながら一歩一歩歩きたい。
坂道とがジャリ道とかいっぱいありそうだけどね。
みなさまも一年間、お疲れさまでした(^―^)

坂道坂道 / sabamiso



バツイチ日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

いい○○の日

今日は12月30日、今年もあと2日になりました。
月日の経つのが、歳を重ねるごとにどんどん早くなっていく気がします。
皆さんにとって今年はどんな一年でしたか?
僕にとっての2013年は、自営業をたたんで新しい業種へと転職したり、はたまた離婚したり、何かとストレスの多い一年だったけど、どうにかこうにか乗り切ることができてとりあえず良かったと、ほっと胸をなでおろしています。

12月30日といえば例年、証券取引所の仕事納めである大納会の日。安倍首相も今日は歴代首相として初めて式典に出席して、来年も経済重視で臨む旨のコメントを話されたようですね。
また今日は地下鉄記念日でもあるらしいです。
昭和2年の今日、上野~浅草間を日本初の地下鉄(今の銀座線)が走った日だとのこと。
いわば地下鉄の誕生日であるわけで、東京メトロの社員の人にとってはそれなりの記念日になるのでしょうか。

日本は記念日が多いです。
年間に15日ある国民の祝日だけでなく、毎日のように「○○の日」というのが何かしらあって、会社の朝礼でスピーチなどをさせられる際など、よくネタとして使われますよね。
こういうブログを書いている身としても、「○○の日」というのは結構便利なものです(^^)

でも「○○の日」をいろいろと調べてみると、「何これ?」というのも結構あります。特に11月は「いい○○の日」というのがあれこれ多い。
11月23日は「勤労感謝の日」ですが、一方で「いい文(ふみ)の日」でもあります。かつ「いい兄さんの日」でもあるらしい。「23」だから「ふみ」であり「にいさん」なのだろうけど、「ふみ」はまだしも「兄さん」の日を作った目的は何なのでしょう(-_-;)
その他11月9日は「いい空気の日」、11月3日は「いいお産の日(1103)」、11月10日は「いいトイレの日」などなど。
「いいトイレの日」って言われても、どうリアクションしたらいいのか、ちょっと担当者と目を合わせないようにしちゃいますね( 一一)

「いい○○の日」以外にも11月はいろいろあります。
11月25日は「ハイビジョンの日」。「ハイビジョンの走査線数が1125本だから」だそうですが一般人にはわかりませんね。11月11日は「電池の日」。十一十一⇒「+-+-」でプラスマイナスという意味。11月1日は「犬の日」。ワンワンワンだから・・・まじめなのかふざけているのか(‐ ‐;)

11月以外でもいろいろありますね。
1月8日「勝負事の日(イチかバチか、だそうです)」、2月2日「猫の日」(ニャンニャンニャン・・・)、5月30日「ごみゼロの日(530)」、7月8日「質屋の日」、10月4日「イワシの日」、10月8日「入れ歯の日」、10月10日「銭湯の日(1010)」・・・などなど切りがありません。

「こんなの必要?」的なのだと、7月8日「ナンパの日」。何なんでしょうね、これは。
あと1月23日「ワンツースリーの日」、そのまんまじゃないですか。何かワンツースリーに関するイベントでもあるんでしょうか。
日本人はほんとにこういうのが好きだなあと思いました(^―^)

ところで本日、「地下鉄記念日」ですが、初めて地下鉄が走ったのが昭和2年って、すごくないですか?
今から90年近くも前に、地下を掘って電車を走らせる技術が日本にあったんだという事実に驚くとともに、先人の偉大な業績に頭が下がる思いですm(__)m

地下鉄


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

唐突だけど、怖い話 PARTⅣ

なんだってこんな真冬に怖い話なんか書いてるんだろうと自分でも思うんだけど、書くことであれやこれやから解放されるような気がして。
読んでる人は面白くないよねえ、やっぱり(-_-;)
まあ、いいや。開き直って書いちゃおう。。

比較的最近の体験です。

【婆ちゃんが見てる】
以前、藤沢市に10年くらい住んでいた。
そのころの勤務地は新橋で、毎日自宅から藤沢駅まで自転車で行って、東海道線で通勤する毎日だった。

夏も終わろうかという、9月の初めのころだったと思う。
その日の帰り道、いつものように藤沢駅で降りて、駐輪場に自転車をとりに行ったのだけど、なんでだか我が愛車は無残にもパンクしていたのだった。
朝乗ってきたときは何ともなかったのに、途中でガラスでも踏んだのだろうか。前輪が完全にペシャンコになってしまっていた。
時間はもう23時を過ぎていて、当然ながら開いている自転車屋なんてない。
溜め息をつきながら、自転車を押して自宅までの長い道のりを歩いていくことにした。

駅から自宅まではほとんどアップダウンのないフラットな道のりで、とにかく早く帰ってシャワーを浴びて汗を流したいって、それだけ考えながらテクテク歩いてた。

途中、小さな川にかかった橋を渡るのだけど、その橋が見えてきたときに「あれ」って思った。
橋のはずれに小さな人影が見える。
はじめは子供か?と思ったけど、こんな夜中に子供のわけがないと思ってよくよく見ると、どうやらお婆さんのようだ。何をしているのか、橋のはずれで下を向きながら、じっと動かずにいるようだ。
真っ白で何故だかボサボサに乱れた髪で顔は見えないけど、なんだか異様な雰囲気の婆ちゃんだった。

「変な婆ちゃん」と思いつつ、でもそれほど気にもせずに婆ちゃんの前を自転車を押しながら通り過ぎたのだけど、その時ふいにが婆ちゃんが顔を上げた。「えっ?」て思わず婆ちゃんのほうに振り向いたのだが、その顔を見て僕は思わず飛びのいてしまった。
といっても別にのっぺらぼうとか顔に傷があったとかそういうわけではないのです。
僕がひるんだのはその眼だった。

その眼の黒目は黒というよりは濁ったグレーで、とても見えているとは思えなかった。
かつものすごい憎悪に燃えているように見えたのだ。
そしてその憎悪が、他でもない僕に向けられていることを、圧倒的に感じたのだ。
僕は思わず後ずさったのだけど、婆ちゃんはその僕を追うように一歩前に足を踏み出した。

僕はもうわけもわからず、パンクした自転車にまたがり、タイヤがダメになってしまうのも構わず、とにかくその場から離れようと必死にこいでこぎまくった。それは文字通りのパニックで、とにかくそこから離れることが何よりも必要なことだったのだ。

家に帰るまで、僕は一度も振り返らなかった。
振り返るとそこには、グレーに燃える目の婆ちゃんが絶対にいるという確信があったのだ。
幸いにして家に帰った時には婆ちゃんの気配は消えていたけど、その夜は部屋の電気を消すことができず、明るいままで眠った。

翌日以降、その橋に婆ちゃんは現れなかった。
そしてあの体験もいつしか夢のように薄れていってしまった。
冷静に考えれば、あんな暗い時間に婆ちゃんの目の色なんて本当に見えていたのかとか、その眼が憎悪に燃えていたなんて、単なる僕の勝手な思い込みじゃないのかとも思えるけど、あの時の圧倒的なパニックはそんな理性など吹き飛ばしてしまうものだった。

時々ぼくはあの夜を思い出す。
そもそも婆ちゃんはあの橋の上で、あんな夜中に何をしていたのだろうと。


TSUTAYA・鷺宮店 / nakanishiakihito



日記・雑談 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。