明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠く遠く離れ行くエボシライン♪

昨日は土曜出社。
午前中は都内は土砂降りで、うんざりしながら外回りしてたのだが、午後になって雨も上がり、少しは仕事らしい動きもできて夕方に帰宅の途についた。

土曜日は朝は電車も空いているのだけど、帰りは家族連れが多くほとんど席があくことはない。なのだが昨日は珍しく横浜駅でどっと人が降り、僕の前の席もガバっと空いたので久しぶりに座って地元駅へ向かった。

だがうっかりしていたのだが、僕が乗ったのは「アクティ」という快速電車で、降りるべき辻堂駅は通過してしまうのだ。僕はうつらうつらしながら電車の揺れに身を任せていて、そのことに全然気づかないまま一つ手前の藤沢駅を出たところで目を覚まし、「ちょうどいいタイミングで起きたじゃないか♪」と間抜けに喜んでいたら、電車は全く減速もせずに辻堂駅を通過し、唖然としながらようやく乗っている電車が「アクティ」であることに気づくという、何とも残念な行動…。

降りたのは茅ヶ崎駅。
なんだかとても久しぶりだ。
離婚前、前の会社に努めていた頃は通勤の起点の駅だったけど、今の住所に引っ越してからはほとんど降りたことがない。

やれやれとため息をつきつつ、反対車線の電車を待とうと歩いていたら、耳にとても懐かしい音楽が聞こえてきた。
それはサザンの「希望の轍」のサビ。

そうか、変わってたんだと立ち止まる。
そう、茅ヶ崎駅の発車メロディーはこの10月から「希望の轍」に変更されたのだ。
以前の記事にも書いたが、自分で聞きに来たのは昨日が初めてだったのだ。

初めて聞いた「希望の轍」の発車メロディー、率直に言って「すごく良い」と思った。
かなり細かい音まで忠実に再現されていて、発車メロディーなのに最後までしっかりと聞いてしまう。
僕はこの曲にとても個人的な思い入れがあることもあり、「えぼし岩」が見える茅ヶ崎の海岸が自然に目に浮かび、ちょっと感動して目が潤んでしまいドギマギとしてしまった。

しばらくしたら反対側の上りの電車が入ってくる。
僕は辻堂駅へ向かうその電車に乗り込み、すぐに今度は上り用の発車メロディーが流れる。上りは同じ「希望の轍」のイントロだ。これまた細かいところまでキレイに再現されていて、またウルッとくる(T_T)



すっかり暗くなった夕方の茅ヶ崎駅で、ひとり目に涙を浮かべたオジサンは、心で「希望の轍」を熱唱しながら辻堂駅へと帰って行きました。

たまには乗り過ごすのも悪くない(^^)


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

463347_335280396528747_363084894_o.jpg

スポンサーサイト

ウリ坊だったらいいのだが(-_-;)

最近イノシシ出没のニュースをよく見る気がする。
しませんか?

例年だとこの時期は「クマ」が出て畑を荒らしたとか、人に危害を加えて大変というのがこの手の話題の中心だったと思うのだけど、今年は何かにつけて「イノシシ」の登場が目立つなあと思うのです。

・愛媛県松山市(報道はこちら)
11月25日の夜、市の繁華街でイノシシ出没。公園内を激走し、竹の柵を突き破り山へ逃げる。

・香川県高松市(報道はこちら)
11月3日、同市の高松港周辺で住民2人がイノシシに噛み付かれるなど怪我を負う。イノシシはその後逃げまわり、瀬戸内海へ飛び込んで泳いで姿を消した。
翌日の4日、海上保安部の巡視船が高松市沖合15キロの海上を泳ぐイノシシを発見。同じイノシシであるかどうかはわかっていない。

・東京都府中市(報道はこちら)
11月21日朝、同市を走るJR武蔵野線で、走行中に異常な音を感じて急停車。乗務員が確認したところ、線路の横で体重80キロほどのイノシシが死んでいるのを発見した。武蔵野線はこれにより15分程、運転を見合わせることに。

これ以外にも埼玉各地、佐世保、新潟、兵庫など全国あちこちで目撃情報や被害の報告が続いている。いずれもその辺の住宅地とか商店街とか、普段は出てくるはずのない場所で出没している。

まあそうは言っても山あいの地域に降りてきているという話だろうと、人ごとで聞いていたのだが、なんと我が茅ヶ崎市や藤沢市でも出没していることが確認されてビックリした。それも市の山手の方ではなく、海岸側の住宅地での目撃だ。

見つかったのは11月24日と25日(報道はこちら)
茅ヶ崎市南部の茅ヶ崎漁港周辺で24日の夜に泳いでいるところが目撃され、翌日25日の早朝におとなりの藤沢市の片瀬海岸周辺の住宅地でウロウロしているイノシシが見つかっている。
片瀬海岸というと江ノ島の目の前だ。すぐ後方には通称「片瀬山」という鎌倉へ続く山もあり、そちらへ逃げていったのかもしれない。

神奈川にもイノシシは元からいるが、茅ヶ崎より西の山間部が主な生息地で、これまで市内で目撃されたことはほとんど無いらしい。それが普段休日とかに足を運ぶことも多い「近所」で出没していると言われるとさすがに驚く。

警察では署員が通学路などで警戒にあたっているとのことだが、実際に心配だ。イノシシは興奮さえしていなければ基本的に臆病なので、積極的に人を襲うことは無いらしいが、大きな声を出したり、ムリに追い払おうとしたりすると、防衛本能から文字通り「猪突猛進」してくる危険があるとのこと。
子供たちが道ばたでイノシシを見つけて大騒ぎしないように、家庭でも学校でもしっかり教えることが必要だなあと思いました。

そうは言ってもそのへんの道を歩いている時に、いきなり影からイノシシが飛び出してきたら子供じゃなくてもびっくりするよね(*_*)

偶然の出会いがないことを祈ります(^_^;)

a7ab1f28db906d9c945b8be201b33a65_s.jpg

ゴキゲンよろしくなんかなくってよ(-_-メ)

以前勤めていた会社のお客さんに、

「アタクシ~ザマスの」

という話し方をする人がいた。
あと、電話したり訪問したりしてこちらが挨拶すると、

「ごきげんよう」

と返してくる人も。イヤ、ほんとに。

こんな言葉遣い、ナマで聞いたのは初めてだったので、ちょっとビックリしてしまった。
ちなみにどちらも話していたのは、立派なお屋敷に済む奥様だ。

「~ザマス」は「~でございます」が短縮された言い方だろうから、まあ無くもない感じもするが、それでも聞いてすぐに頭に浮かんだイメージは「スネ夫のママ」だ。
「ごきげんよう」に至っては「お蝶夫人」以外の人から聞いたことがない。

気になって調べてみたのだが、「ざます」も「ごきげんよう」も「山の手言葉」とくくられる東京の「方言」らしい。江戸時代の上層武家が使っていた言葉を元に、明治時代に成立したとのこと(出展:wiki)
文字通り「山の手のご婦人」の間で使われていたようで、その事実が「スネ夫のママ」とか「お蝶夫人」に引き継がれている(?)ワケですね。
それにしても現在でも使う人がいるとは、ちょっとしたカルチャーショックかも。

現在こういった言葉は「役割語」的な使われ方をするのが一般的です。
「役割語」とは、「特定の人物像を想起させる特定の言葉遣い」(出展:wiki)のことで、現実の日常ではまず使っている人にお目にかかる事はない。

代表的な「役割語」の例としては、

「そんなことないアルヨ」
「ワシは知っとるんじゃ」
「あら。よろしくってよ」

など。
それぞれしゃべっているのは、中国人、おじいさん、お嬢様だろうと想像はつくけど、現実にこんな言葉を使ってる中国人もおじいさんもお嬢様もいない。
物語の中などで、この言葉を使っているのが「中国人」であり「おじいさん」であり「お嬢様」であることを、受け手(読者とか)がすぐに分かるように「役割」を与えられている言葉たちなのだ。

「山の手言葉」も元々は普通に(というか一部の階級で、だけどね)使われていた過去はあるのだが、現状は「奥様(マダム)」や「イイトコのお嬢様」のイメージに繋がる「役割語」になりつつある。
それを実際にしゃべってる人に遭遇したものだからビックリしちゃったワケですよ。

電話越しに「ごきげんよう」なんて言われた時は、思わず話してる相手の奥様が、クルクルと巻いた栗毛色の髪で、フリフリのドレスとか着て電話に出てるのかと、妄想が頭の中で勝手に暴走して困った(*_*)

妄想といえば、「ごきげんよう」に代表されるお上品言葉って、どうしても言葉に「黒い裏」が込められてる印象があってちょっとコワイ(^_^;)

「ホントはアナタなんかに挨拶なんてしたくもないけど、「お上品な」ワタクシとしてはしないわけにもいかないから、笑顔で「ごきげんよう」って言うけど、目は笑ってないのわかるでしょ!」みたいな(-_-;)
テレビの見過ぎですか。

それにしてもあの奥様たちは、日常的にあんな風にしゃべってるのかなあ。
「奥様」としてのプライドが、一般庶民とは違う「言葉遣い」に出ているのだろうか。
疲れそうだなあ。

でも以前に何かで読んだが、どこかの私立の女子校では毎日の挨拶を「ごきげんよう」と言うように校則で強制してるところがあるらしい。相手が先生でも友達でも、朝でも昼でも帰宅時でも、常に「ごきげんよう」なのだとか。(「ごきげんよう」は「こんにちは」「さようなら」のいずれの場合にも使用できる)

早朝の校門にて。
A子:「あら、B子さん。今朝も(ムダに)お早いのね、ごきげんよう」
B子:「うふふ。ごきげんよう、A子さんこそ、今朝も(ムダに)自習なさるの?」
C子先生:「あらあら、アナタたち相変わらず(ムダに)仲良しね。ごきげんよう」
A子&B子:「C子先生、ごきげんよう。今日も(ムダに)おキレイ!」

みたいな会話が交わされるのだろうか。
「黒い裏」はこういうところから育つのかもしれない。

うーむ。女子校恐るべし。

4932020de9362100667292407a923a33_s.jpg


エッセイ・随筆 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。