明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音様に癒やされました

今日は北風が吹きすさぶ中、大船へ行ってきた。
大船は鎌倉市の入り口で、東海道線だと横浜の2つ先、藤沢の一つ手前の駅だ。

藤沢~茅ヶ崎に住んでもう20年以上になるのに、すぐ手前の大船ってあまり縁がなくて、ほとんど降りたことのない駅だった。子供向けの施設とかも特に無いようなので、息子たちが小さかったころも連れて行ったことがない。
横浜や湘南のような観光地ではないので、どちらかと言うと通り過ぎてしまう駅という印象なのだ。

で、今日は何の用で行ったのかというと、観音様を見に行ったのだ。
大船は駅の西口にちょっとした山が隣接していて、そのてっぺんに観音様が鎮座している。
鎮座していると言っても、山頂にお寺がありますというのんきな話ではなく、山の上にドーンと観音様のお顔が居座っているのだ。
見たほうが早い。こんなカンジ。

IMG_1852.jpg

そう、デカイのだ。
この大きさはなかなか写真だけでは伝えにくいのだが、側で見るとかなりの迫力だ。
僕は20年以上、毎日のようにこの観音様の前を電車で通りながら一度も行ったことがなく、時々駅を通過する際に「一度行ってみよう」と思いつつ、こんなに時間が経ってしまった。

今日も、特にはじめから大船に行こうと予定していたわけではない。
午前中仕事をしての帰り道、特にその後することも無く、午後は何しようと思いながら帰りの電車に揺られていたのだが、大船駅に着いた時に、「そうだ、観音様を見に行こう」とまさに唐突に思ったのだ。

「ピンポ~ン、シュー」と今まさに閉まろうとしているドアをすり抜けて電車から降り、僕は大船駅に降りた。
観音様は駅の西口にあるので、そちらへ向かう。
降りてみて驚いたのだが、当然あると思っていた「大船観音はこちら」的な案内の看板とか全然ない。
おかげで僕は方向を間違えて、全然反対側の山道を歩いてしまい、いつまでたっても参道の入口が出てこなくて駅まで引き返した。

方向を変えて歩くとコンビニの先にようやく「大船観音」の文字が。
参道の入り口はとても細い路地裏にあった。入り口近辺のお店は営業してないみたい。

IMG_1853.jpg

予想はしていたけど、参道に人はほとんど歩いていない。

IMG_1854.jpg

やたらと急な坂道で、これが山頂の観音様に続いているのだ。

IMG_1855.jpg

「雪なんか降ったら山頂の寺の人は降りてこれないだろうな」とどうでもいい事を考えながら登って行くと、ようやく寺の入り口が見える。ここで拝観料(大人300円)を払って中に入るのだ。

間近で見る観音様の迫力はスゴかった。大きさに圧倒される。

IMG_1861.jpg

胸から上だけの観音像なのだけど高さは25メートルもあるという。ビルでいうと8階建て以上の高さだ。
細かいところまでとてもキレイに作られていて、また表情もなんとも穏やかで、北風に吹かれながらしげしげと見てしまった。
大船に限らず、観音様ってあまり見たこと無いけどなかなかいいなあと、少し意外なほど感動した。

IMG_1863.jpg

賽銭を投げてお参りをして、「20年以上かかってしまったけど、やっと来たよ~」とタメ口で挨拶して山を降りました。胎内にも入ってきたけど、外観のインパクトと比べると特にお伝えすべきことは無いかな。一応写真だけ。

IMG_1864.jpg

例によってオモイツキで見に行った観音様だけど、何だか良かったなあと思います。別にデカイからではなくて、思ったよりもキレイで、それにやはり表情に癒やされた気がします。僕は仏教のこととかよく知らないし、今まで仏像を見て特に感慨を持ったことも無いのだけど、今日観音様を見て、そういうことを感じる歳になったのかなあと少しシミジミと思いました。

ちなみに観音様の胸から下が、あの山の中に埋まっているという噂があるけど、これは都市伝説です。
最初は全身を作る計画だったらしいけど、この山では立像の重さに耐えられないということで、仕方なくバストショットになったらしい。

立像だったらとんでもない大きさですね。ちょっと見てみたい気もしますが(^^)


日々の出来事 ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/298-661bc42c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。