明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除を刻もう

今年も残り2週間となり、そろそろ気になりだすのが「掃除」だ。
普段あまり手を付けない窓とか水回りとかガス台とか、気になっているところはあちこちあって、師走も半ばを過ぎるとそろそろ大掃除しなきゃとは思うのだが、そのボリュームを考えるとなかなかスタートできない。

よくよく考えれば何も年末にまとめてやる必要なんて全然ないのだけど、「今年のうちに」という謎のキーワードにこの時期は支配されてしまい、やっとでさえ少ない年の瀬の時間をつぎ込んでしまう。

何も一度でやろうとせずに何回かに分けてやればいいのは分かっているのだけど、面倒なので一日で終わりにしてしまいたくて、ずるずると引っ張ってしまう。
かつ、あんまり早くやると、そこから年末までの間にまた汚れてしまうじゃないかって、どうでもいいことが気になってしまい、やるならギリギリにというのが毎年のパターンだ。

いつもこんな感じでなかなか手がつかない大掃除なのだが、いざ始めると逆に終わりのない大仕事になってしまうのも毎年のこと。「ほどほどに」というのが、うまくできない。

例えばガス台を磨きだすと、油のシミとか膜が完全に消えるまでこすらないと気がすまない。ダクト掃除なんてやり始めるとそれだけで半日くらいかかってしまう。
シンクまわりとかゴシゴシやっていると、隣にある冷蔵庫が気になってくる。中の食材を全部引っ張りだして布巾とかでゴシゴシ拭いて、中が終わると今度は後ろが気になる。普段動かさない冷蔵庫とか洗濯機の後ろを想像するだけで「あーもうっ」と思いつつ、ぎっくり腰にならないようにそーっと動かして後ろを掃除する。

狭いワンルームにもベッドやらテレビやらパソコンやらがところ狭しと置かれていて、かつ収納の奥とか天袋とか、一体何を片付けてあるのかも覚えていないスペースもこういう時だけ気になってしまう。散々悩んだ末に「少しだけやろう」と家具を全部動かして、後ろを掃除し壁のクロスまで拭き、収納されているあれやこれやを全部引っ張り出して中を拭く。

こんなカンジで部屋中を磨きまくるので、結局一日では絶対終わらない。まったく無計画に、思いつく順番にやっているから当然だ。毎年この大掃除の何日かが終わるとホントにぐったりして、さっさと寝てしまう。

ということで、今年は学習して今日から少しずつ掃除をしようということに決めた。
といっても平日は夜しか時間がないので、細かい作業だけにする。
たとえば今日やったのは「ガラス拭き」だ。

大きなサッシの窓をやりだすと大変なので、食器棚のガラスとかパソコンやテレビの液晶画面とか、姿見の鏡とかを拭いたのだ。せいぜい15分程度だが、普段ささっとはたいている程度なのでずいぶんキレイになった感じがする。今日はコレでおしまいだ。

明日は風呂場の床とバスタブだけやろうと思う。カビキラーを撒いて流し、マジックリンでさっと磨く。多分コレも30分かからない。こんな風に細かい作業を日々こなしていけば、休みに大きなタマをいくつか残すだけにできるような気がする。(ホントかなあ…)

大掃除は大変なのだが、結局は大小共に多くの箇所を一度にやるからパワーがかかるという側面もある。そしてこの「小」の掃除の箇所が結構多いのだ。この細かいパーツをちょっとずつ潰していけば、自然とボリュームも減っていくハズ。
休日になって「ダクト掃除をしたらあとはガス台だけ」なんて感じにできれば、かなり気持ち的にもラクになれると思うのだ。

今年の年末は富山に帰る予定なのであまり時間が無い。毎日の刻み大掃除で今年は何とか乗り切りたいと思っております。てゆーか普段からこうやって掃除していれば、大掃除要らないんだよね(>_<)

e2f2509e5432b94cffee59d07e1396f4_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/302-41a74dc5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。