明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタがもらったプレゼント

ベタなタイトルですね(-_-;)
今日は全国的に、というか世界的にクリスマスイブだ。
ひとり身のオジサンにはほぼ関係のない一日だけど、今年はちょっとした用事があった。

先日の記事で「チャリティサンタ」のことを書いたが、ご記憶だろうか?(記事はこちら)
サンタを待つ子供の家から依頼を受け、ボランティアがサンタになりきって訪問して、驚く子供たちへプレゼントを届けるというイベントだ。サンタを呼ぶ家庭からはそれぞれ2000円を寄付してもらい、東日本大震災の被災地や、世界の支援を必要とする子供たちへ送られるという側面もある。

そう、僕は今日はそのサンタになってきました。
先日記事を書くかたわら、サンタになるための応募も一緒にして、ギリギリのタイミングで間に合ったのだ。ただし僕は今日は仕事があって参加が遅れたので、家庭への訪問はできず、街なかを歩いて出会う子供たちにキャンディを配るという役割を任された。

夕方の6時ころ、サンタ派遣の本部となる藤沢の地域施設へようやく到着した時には、家庭を訪問するサンタはとっくの昔に出払っていて、事務局のスタッフだけが残っていた。
僕はすぐにサンタ服に着替える。このイベントはかなり本格的で、サンタのコスチュームもドンキで売ってるようなお手軽なものではなく、相当しっかりした作りの一式が準備されている。
僕は赤いジャケットとズボンを履き、黒いベルトをして白い眉とヒゲをつけ、最後に真っ赤なとんがり帽子をかぶる。そして白いプレゼントの袋にキャンディを入れて、アシスト担当の女の子と一緒に駅方面へ出かけた。

平日の夜なので、そんなに家族連れも歩いてはいなくて、子供にも出会えないかもねと話しながら駅方向へ向かっていると、道路の反対側から「おーい!」という声がする。見ると小学生らしき4人の男の子と女の子がこちらを見て手を振っている。僕らはさっそく横断歩道をわたって子供たちのところへ向かった。

「サンタさん、何かちょうだい!」とストレートだ。聞けばスイミングスクールの帰りだという。一番大きな男の子が「僕は50メートル一番早いんだ」とキラキラした目でアピールしてくる。
後ろから遅れてやってきたお母さんたちに事情を説明して、子供たち一人ひとりにキャンディを配った。一人だけいた女の子はとても恥ずかしそうにキャンディを受け取り、「ありがとう」と小さな声で答えてくれた。

次に出会ったのはお母さんとまだ3歳の男の子だった。駅から帰ってきたらしく、男の子は結構遠くからこちらに気づいていて、ずっと僕らの方を見ていたが、近くに来て僕が「メリークリスマス」と声をかけると、ササッとお母さんの後ろに隠れてしまった。
お母さんが「○○君、サンタさんだよ」と後ろから引っ張りだしてくれるのだが、すぐにまた隠れて、しまいにはオイオイ泣きだしてしまった。

「気になってるけど多分ビックリしちゃったみたいです」とお母さん。そりゃそうだろう。突然ヒゲモジャの真っ赤なおじいさんが目の前に現れて自分に近寄ってくるのだから驚いて当然だ。
僕はゴメンゴメンと謝りながらキャンディを差し出した。男の子は相変わらずオイオイ泣きながら、でもしっかりと手は伸ばしてキャンディは手中に収めた。よしよし、泣いてもいいから貰えるものは貰っておけ(^^)

ベビーカーに乗ってる女の子はママに「サンタさんだよ」と教えられて僕に気づいた。途端に目がビー玉みたいに真ん丸になり、ずっとそのままだった。
「いくつ?」と聞いても
「…」
無言で指がVサインになってるだけ…2歳だといってるのだが、目は真ん丸で僕を凝視している。
「アメは好きかな?」と聞くと
「…」
無言で頷く。
キャンディをしっかりと握りしめ、女の子はずっと僕のことを凝視し続けていた。

こんな風に僕らは1時間半くらいの間に15人位の子供たちと出会い、心あたたまる時間を過ごせた。
小さな子とふれあう機会というのは、この歳になるとなかなか無いものだ。自分の子供が小さかったのはもう10年以上も昔だし、それ以降は我が子と同年代の子供以外はほとんど接点もなくなる。
今日は本当に久しぶりにヒヨヒヨの子供たちと自然に話ができて、その純粋な目の光に心から癒やされた。

ホントのことをいうと自宅訪問サンタができないと言われた時は、せっかく申し込んだのに残念だなあと少しがっかりしていたのだが、街角を歩きながらの子供たちへのプレゼントも十分素敵な体験だった。サンタをまだ疑わず信じている小さな子たちが、ホントのサンタからキャンディを貰えたと少しでも喜んでくれたなら、今日の何時間は僕にとってもとてもシアワセなひとときだったと思う。

今夜あの子達は家に帰ってから、パパとかに「今日サンタさんがキャンディをくれたんだよ」と熱心に報告したりするのだろうか。想像するととてもやさしい気持ちになれる。

みなさんもどうぞ、ステキなイブを。
ってもう今日は終わりかm(__)m

6c3bbd481ca839fd4cf8226addaa82d7_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

-2 Comments

カリオペ says..."メリークリスマス"
カゼマカセさん、素敵!! 心がほんわか温かくなりました。

無邪気な子供のキラキラとした瞳を見ていると、自分が失くしてしまった心を感じます。
それにしても、サンタのカゼマカセさん、想像すると…(笑)
きっと素敵なオジサン、男性なんでしょうねv-290
2014.12.25 04:01 | URL | #- [edit]
カゼマカセ says..."Re: メリークリスマス"
カリオペさん。
こんばんは。

と~っても楽しかったですよ。
サンタ服は着ると誰だか見分けがつきません。
顔はヒゲで埋まってますから。
冬の夜の街でも、汗をかくくらい暑かったです。
2014.12.25 20:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/309-7be999f2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。