明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラレル人生のススメ

風邪でずっと寝ていた正月は、同時に読書にどっぷり浸かった日々でもあった。もちろん体調が定期的に下降して熱にうなされているときは大人しく寝ているのだが、同様に定期的に回復して熱が下がりスッキリしている時間もあって、そういう時はベッドに起き上がって本を読んでいた。

そういう生活が約1週間続いたのだから、かなりまとまった時間を読書にあてることができて、結果として分厚いハードカバーを含めて5冊の本を読みきった。そういう意味では、風邪はひいたが悪くない正月の過ごし方ができたと思う。

それ以降、ずっと本を読み続ける毎日になっていて、通勤時や寝る前はもちろん、昼の休憩時間とか、休日の午後とか、常に何か読んでいる日々になっている。かつ1冊ずつ順番に読んでいくのではなく、何冊かをまとめて読むのがカラダにあっている。

もともと僕は何冊か(何種類かという方がいいかも)の本を同時進行で読んでいくタイプで、本を買ったり借りたりするときもそれを前提に選んでいる。(ほとんど図書館で借りていて、あんまり買うことはないけど)
カバンの中にはだいたい2冊の本が入っているし、帰ってきて読む本はまた別、というのが普通だ。

サスペンスやミステリーものは通勤時間向きだ。駅で降りるときに「続きを読みたい」と思って降りることが多いので、帰りの電車、あるいは翌日の朝の電車で自然と本を取り出して、切れ間なく続きを読み続けることができる。これを自宅で読むと切り上げどころが分からなくなってしまう。オジサンもそれなりに自宅でやらなきゃいけないことがあるので、どっぷり本にハマってしまうとそれはそれで具合が悪かったりするのだ。

寝る前にベッドで読むのはエッセイが多い。
エッセイのいいところは、一編が短いので眠くなった時に区切りをつけやすい。あとは4コマのマンガとかも悪くない。マンガも選んで読むと秀逸なモノもあるのですよ。
寝る前の時間以外に自宅ではあまり本は読まない。昔ベッドでミステリーを読んでいて目が冴えてしまい、朝までずっと読み続けてしまったということがよくあったので、最近はやらないようにしている。

休日によく読むのは、2回目とか3回目とかになる本だ。内容については過去に読んでいるので知っているが、改めて読むことで以前は気づかなかった行間のあれこれを発見したり味わえたりするので、繰り返して読むという読み方が好きなのだ。逆に言うと僕レベルの読書力では、なかなか1度読んだだけでその本の良さを全て味わいつくすことなどできないということですね。

休日はまとまった時間を読書に当てられるので、お店でお茶しながら(まあお茶じゃないモノを飲んでる方が多いけど)読んだり、暖かい時期は海岸に出かけてお茶しながら(同上)読んだりして、なかなか悪くない時間の過ごし方をしている。

多くの人にとって本を読む楽しさは、やはり登場人物と一緒の視点に立って、別の人生を体験できるドキドキ感なのではないだろうか。僕もまさしくそうで、面白い本であればあるほど登場人物の見ている情景が頭の中で映像となって流れている。
一度に何冊かの本を一緒に読んでいくというのは、何種類かの人生をパラレル(同時進行)に体験しているようなもので、読んでいる本ごとにアタマを切り替えながらそれぞれに合わせていくのが密かに楽しかったりする。

今年はこのまま読書にハマって過ごすのもいいかなあと、テーブルに積まれたジャンルバラバラの本たちを見ながら思っております。
では、一冊持ってベッドに入ろう(^^)

IMG_1924.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

-2 Comments

ぢょん・でんばあ says..."ロバートBパーカー"
こんにちは

スペンサーシリーズの特徴ある表紙が目について懐かしかったです。

「初秋」とか「残酷な土地」とか、大学の同級生の子がのめり込んでいたなあ。

息子は新宿鮫が読みたいそうです。ヘニャヘニャのくせに。
2015.01.16 09:04 | URL | #- [edit]
カゼマカセ says..."Re: ロバートBパーカー"
こんばんは。

スペンサーシリーズ、懐かしいですよね。
僕も大学生の頃、夢中になって読みました。
チャンドラーの難しいハードボイルドと違って、パーカーの作品は読みやすく身近に感じました。

ムスコに新宿鮫を読ませてあげて下さい。
ヘニャヘニャとか言わないで(^^)
2015.01.16 21:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/328-6b990334
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。