明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ReceRecoはものぐさバツイチにピッタリのお小遣い帳アプリ

僕は2年前に離婚して転職してといろいろとあったワケだけど、一人になって結構大事だったのがお金の管理だ。
生活の何にいくらかかっているのか全く分からずに生きてきたので、節約しながら日々を送るためには自分のお金の使い方をある程度は把握しておきたかった。
かといってコマゴマとした家計簿を毎日つけ続けるなんてとてもできるイメージもなく、何かカンタンな方法はないものかとあれこれ探して見つけたのが「ReceReco(レシレコ)」だ。

「ReceReco」はiPhone(Android用もある)の支出管理アプリで、おそらくこの種類のアプリの中では最もダウンロード数が多い(5ヶ月で100万ダウンロード)アプリで、ご存じの方も多いかもしれない。
僕も約2年前から使い続けているけど、途中一度も途切れること無く続いているので自分でもビックリだ。

家計簿アプリ「ReceReco」をダウンロード(iPhone版)
家計簿アプリ「ReceReco」をダウンロード(Android版)

家計簿や小遣い帳が続かない理由で一番多いのは、やはり記入(入力)の手間が面倒だからだろう。
毎日の買い物で受け取るレシートをすぐに入力できればいいが、なんだかんだと忙しくて後回しになり、気が付くと10日分位がいつの間にか溜まってしまい、「もうイイや」になってしまう人は少なくないだろう。

「ReceReco」はレシートをiPhoneのカメラ機能を使って撮影して、そこに印字されている「品名」「金額」はもちろんのこと、購入日や店名までも自動で読み取って入力してくれる。
手順はこんな感じです。

①カメラの枠内にレシートが収まるように調整して写真を撮ります。

01satuei.jpg

②レシートの内容が読み取られます。結構正確に読み取りますよ。ちなみに間違っている項目や金額があれば、タップして手入力で訂正します。

02yomitoriseikaku.jpg

③費目(何を買ったのかの分類)を編集します。先頭の「長ねぎ」をタップするとその「品目の編集」画面になります。「未分類」となっている「費目」をタップします。

03himokutappu.jpg

④「費目設定」画面になります。「一覧」タブに費目の大分類がズラリと並んでいます。「長ねぎ」なので「食費」をタップします。

04syokuhitappu.jpg

⑤画面の右半分に「食費」の小分類の項目が表示されます。「食料品」をタップします。

05syokuryouhintappu.jpg

⑥「品目の編集」画面に戻ります。費目が「食費・食料品」に設定されました。「完了」をタップします。

06kannryoutappu.jpg

※一度入力した費目は小分類まで「履歴」タブに残ります。「食費・食料品」のようによく使う費目はこちらからも入力ができて便利!

07rirekinyuuryoku.jpg

⑦各品目を編集しましたが、ひとつだけ読み取りのミスがあります。そう、消費税が読み取られていません。これを手入力で追加訂正します。「品目追加」をタップします。

08tuikatappu.jpg

⑧「品目の編集」画面になります。それぞれの項目を手入力で入れて「完了」をタップします。

09koumokutenyuuryoku.jpg

⑨入力終了です。「保存」をタップします。

10hozontapu.jpg

⑩登録されました。

11tourokukannryou.jpg

ひとつひとつの商品名から手で入力する必要がないので大幅に時間短縮できます。僕も結局はレシートをため込んでしまい、週に1回位の頻度で入力するのだけど、10枚以上のレシートがあっても5分位で完了してしまいます。

あと便利なのは集計の機能です。
入力時に登録してある費目ごとに集計してグラフ表示してくれるのだけど、月々の変化が結構細かく見れるのです。

・グラフを見るには画面左上のアイコンをタップします。

12gurafuhyouji.jpg

・メニューの一覧から「グラフ」をタップします。

13gurafuwotappu.jpg

・棒グラフがズラリと表示されます。一番右側が当月で、左へ行くほど過去の月のグラフです。下の集計は当月の費目別集計です。

14syuukeisetumei.jpg

・グラフをタップするとその月の費目別の集計が下に表示されます。毎月何にお金を使っているのか一目瞭然です。

1510gatunosyuukei.jpg

・費目の小分類を見たいときは費目名をタップします。

16himokumeitappu.jpg

・その費目の小分類とグラフが細かく表示されて内容がよくわかります。

16syoubunruiwohyouji.jpg

※例えば上図は僕の食費のグラフなのですが、右端の当月(まだ20日ですが)グラフが一番少なくて左へ行くと大きくなっています。下がっているのは右から3つ目のグラフ(昨年11月)からで、自分で弁当を作るようになってから食費が落ちた、というのもこうして確認できるわけです。こういうのを見ると、毎朝面倒でも続けていこうというモチベーションになりますね。

こんな風にとても便利な「ReceReco」なのだけど、あえて難を言えば費目名の変更や追加といった、利用者の独自の目的でのカスタマイズができないことだろうか。
例えば食費の中でお酒にはどのくらいかかっているのだろうというのを見たいと思っても、それを分類集計する費目がないので分からないのだ。

今のところそういう目的に対しては、入力データをCSVファイルにして出力できるので、それをエクセルに読み込んで編集することで対応している。こうなると誰でもできるという話ではなくなるので、ぜひ機能追加してほしいなあと思うのだけど、それを差っ引いてもとても使い勝手のいい、手放せないアプリであることに変わりはない。

ちなみに最後になってしまったが、このアプリ無料である。入力が面倒で、なかなか家計簿が続かないとお悩みの方、支出管理だけでも非常なスグレモノであるこの「ReceReco」、試してみてはいかがでしょう(^^)


日々の出来事 ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/334-722f253d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。