明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京のくっきり富士山

朝、電車に乗って都内を移動していたら、窓の外を流れる景色の中に富士山が見えた。
立ち並ぶ家々の屋根の合間に山頂部分だけが飛び出して見えている。冬の澄んだ空気の彼方にくっきりとその輪郭が認められた。

富士山自体は茅ヶ崎で毎日のように見ているから、別に珍しくもないのだけど、都心から見るというのはそれほど日常の話ではない。まず何と言っても空気が濁っていたら見えない。

NHKのニュースだったと思うが、昨年はここ何十年かで都心から富士山が見えた日数が最も多い一年だったとか。そういわれると、確かに僕も去年は都内から何度も富士山を見た記憶がある。
改めて考えると、最近富士山ってよく見えるようになったなあということに気付く。

僕が20代のころは都内から富士山なんてあまり見た記憶がない。
今の中国ほどではないにせよ、都心部の空はスモッグがかかっていていつも白っぽかったし、富士山はもちろん、夜には星すらもほとんど見えなかったと思う。

それが今では都心部でも空はすっきりと青いし、夜は星もちゃんと見える。東京の空はいつの間にかとてもきれいによみがえっている。

ここへ至るまでには都による排ガス規制や工場のばい煙規制など数々の取り組みがあり、何十年という年月をかけたきれいな空気を取り戻すための歴史がある。
経済の発展と同時進行で、本来の美しい景観を取り戻していく努力を続けてきた人には本当に頭が下がる思いだ。そのおかげで僕らの子供たちは、汚れた白っぽい町で学校に通ったり会社へ通勤したりしなくて済むのだから。

東京の空気の美しさを実感するのは夕暮れ時だ。
都心のビル街でも青い空と白い雲の先に、西の空で燃えるようなオレンジ色に周囲を染めながら夕日が落ちていくのを見ると、映画のワンシーンを見ているような気がする。こんな絵も昔はありえなかった。

高層ビルや込み入った住宅街、大きな橋など、建築物や街並みの造形美とセットになった自然の美しさを感じられるのは都心部ならではの特権だ。そのまま切り取って絵ハガキにでもしたくなるような現在の東京の景観は、5年後のオリンピックにおいては、アスリートたちのプレーにも負けず劣らずのTOKYOのイチオシアイテムになるかもしれませんね。

せっかく取り戻したきれいな空。
ちゃんと守っていかないとね(^^)

52533404ab88a1f6cb43505831136487_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/344-4dc6e269
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。