明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れと旅立ちの季節に思い出す音楽たち

今日の首都圏は氷のように冷たい風が吹く寒い一日だった。
最強の防寒装備で仕事帰りの藤沢の街を歩いていたのだけど、マフラーを巻いた首元とか手袋をつけた手首とかのほんのちょっとの隙間から、氷柱を押し付けられるような痛いくらいの冷たい空気が忍び込んできて、カラダ全体がガチガチに縮こまっていた。

そんな帰り道の途中で信号を待っていた時、交差点の角に立つビルの1階のお店から流れてきた音楽に思わず懐かしさを感じて振り向いた。
その音楽は30年以上前に流行った「春なのに(柏原芳恵)」



ちょうど僕が高校を卒業する春に流れていた曲で、今がまさにその季節なんだと今更ながら思った。

♪記念にください ボタンをひとつ 青い空に捨てます♪

あの頃は後輩の女子に制服の第二ボタンを欲しいと言われるかどうかが、オトコにとってはかなり大事なことで、僕もけっこう緊張しながら卒業式を迎えたが、なぜだか後輩ではなく同学年の違うクラスの名も知らぬ女の子に「ボタンくれる?」と言われ、あげてしまった記憶がある。ちなみにその娘とは、その後一度も会っていない。

3月は別れと旅立ちの季節だ。
切なくて、でも新しい日々が始まるドキドキ感みたいな感覚は、いつも音楽とセットになって記憶に残っている。

僕も卒業の時期には思い出の曲があるが、印象に強いのはオフコースの「さよなら」だろうか。



1980年の2月頃、ひっきりなしに降りしきる雪の中、実家の自分の部屋で暗くなる前の夕方の時間を過ごしていた時、ラジオから聞こえてきたのが「さよなら」だった。
中学を卒業する直前の時期で、別にこの曲は卒業ソングではないけど、「さよなら♪」がリフレインされるパーツが、まもなく卒業する自分にとってとても印象強く、忘れられない一曲になっている。

そのちょうど一年前には「微笑がえし(キャンディーズ)」が一世を風靡した。



♪アン・ドゥ・トロワ 三歩目からは アン・ドゥ・トロワ それぞれの道、私たち歩いて行くんですね♪

いつも友達と一緒にいるのが当たり前だった子供の頃の自分に、初めて別れの切なさを意識させられた曲だったかもしれない。

音楽とそれにまつわる思い出は、いつまでも風化しませんね。
今年卒業する若者たちも、いい音楽とセットで素敵な記憶が残ればいいなとオジサンも思います。

-2 Comments

未來 says...""
卒業式
見ているだけでウルウルしてしまいます。
新たな旅立ちのスタートラインですね。
2015.03.15 19:50 | URL | #- [edit]
カゼマカセ says..."Re: タイトルなし"
未來さん、こんばんは。

3月は涙腺がゆるゆるになる月ですね。
みんながいいスタートを切れるといいですね。
2015.03.15 22:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/363-f65d3102
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。