明日 風になろう

地味で真面目で、時々おいしそうだなあって思われたいブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロふくらはぎ

関東は最近また地震が多い気がするのだけど、僕の気のせいだろうか。
僕は極度の地震恐怖症で、震度2くらいの地震も敏感に感じてしまい、「地震だ!」と思うともう冷静ではいられなくなってしまう。

世の中にはグラグラ揺れている真っ最中でも、全く平常心でいられる人もいて、そんな人と同じ場所にいるとオタオタしている自分がものすごく情けない人間に思えてしまう。

地震が苦手だという人は僕以外にもたくさんいると思うのだけど、僕は自分でも「それはオカシイだろ」と思うような極端な思い込みをずっと抱えている。
それは自分が地震を起こすトリガー(引き金)になっているかもしれないという先入観だ。強迫観念と言ってもいいかもしれない。

そんなことを思うようになったのには理由がある。
いくつの頃かは覚えていないが、時々夜中にわけもなく目が覚めてしまうことがあった。
スッキリとした目覚めではなく、まぶたに膜がかかったみたいなカンジでモヤモヤっとした中途半端な目覚めだ。

そして何故だかわからないが、そんな風に夜中に目が覚めるとすぐに、足(特にふくらはぎ)がブルブルと痙攣することがあったのだ。そして単なる偶然なのだろうけど、そのふくらはぎのブルブルと同じタイミングで地震が起きたのだ。
一度や二度ではない。かなりの頻度で(と自分では思うのだけど)、自分のふくらはぎのブルブルと、現実の地震がシンクロしていたのだ。けっこう大きな地震だったこともあると記憶している。

そういうことを経験すると、地震恐怖症としては、目覚めた時に「ふくらはぎブルブル」を起こしちゃいけないと思うようになる。自分の足がブルブルしてるから、それがきっかけで地震が起きてしまうんだと、実際にはありえないことをけっこうまじめに思ってしまう。かつ自分が地震が怖いので、自分で自分が怖いことを起こしてたまるかと思い、必死でブルブルを抑えようとするのだ。これは今でも治らない。

今も夜中に目が覚めると、かなりの頻度で足がブルブルしそうになる。でもそれは「絶対に止めないといけない」とまじめに信じているし、実際に両手でふくらはぎを抑えこんでじっとしている。
ブルブルするに任せてしまい、それにシンクロして大きな地震が発生するなんてことが起きたら、悔やんでも悔やみきれないだろう。自分が一番嫌なことを自分で引き起こすなんてことになりたくない。なので心のどこかで「そんなシンクロはありえない」とわかっていても囚われてしまう。
そしてようやくブルブルの気配が消えると「よかった。地震を起こさずに済んだ」とホッとしている。

思い切ってブルブルするに任せ、「それでも地震は起きなかった」という結果を体験できればおかしな習慣もなくなるのかもしれない。でも暗い中での一人の寝起きに、「ブルブルしたって別にいいや」って開き直る事は僕的には相当高いハードルなんだろうなあ(-_-;)

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s.jpg


日々の出来事 ブログランキングへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kazemakase2013.blog.fc2.com/tb.php/369-1e3c75a5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。